スキーウェア選びにワクワク♡

ジャケットは、ニットの編み目を模した生地になっています。

今シーズン、およそ6年振りの短いスキー旅行を計画しています。実際に行くのは少し先になるので、同じような状況の方のご参考にもなればと思い、準備段階でとりあえず投稿しています。

私がこれまで着ていたスキーウェアは、今回一緒に行く母が着る予定なので、先日、東京の神田エリアで新たに買って来ました。スキー用品店カンダハーでお話した店員さんによると、「バブルの頃と違い、今はメーカーも売れ残らない数しか生産しないので、モデルやサイズが揃っている1月下旬から2月上旬までに買うほうが良い」とのこと。私はSサイズが欲しかったので、別のお店で見つけて気に入ったデサントのウェア等を買って帰って来ました。ニット帽にはフリースの裏地がついていて、早速普段も被って出かけています。

年齢にふさわしいスキースタイル、みたいなアドバイスができたら良かったのですが…私はいまだ好きな物を選んでしまっているので、正直よくわからず、申し訳ありません。いわゆる「大人っぽい」ウェアなら、店頭で見た感じでは、フェニックス(グレー等の抑えめの色調)も素敵かなと思いました。

実際に予定通りスキー旅行が実現したら、またリポートしたいと思います!

チャリティにつながるチョコレート

さて、チョコレートを買う機会が増えるこの季節。どうせなら、寄付につながるものを、とお考えの方もいらっしゃるのでは。昨年も、バレンタインデーの前に明治のミルクチョコレートご紹介しましたが、今年も2月までの出荷分の売上の一部がUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付されます。

このほかに、私がよく知る団体「難民を助ける会」のオンラインのチャリティ・ショップで買える六花亭のチョコレートも。販売の収益が、同会の活動に充てられるそうです。

さらに、国際協力NGOピースウィンズ・ジャパンのサイトでは、フェアトレードのチョコレート等が買えますよ。

次頁は、「キッズの雪遊びのための装備」。ご関心のある方はこちらもチェックしてみて下さい。