2017.1.15

逆境を超えていく者へ 11
タイトルの理由


新年おめでとうございます
本年もよろしくお願いもうしあげます


さて、なんとか右肩上がりで2学期を終えた小学一年の次女。
よくがんばりました、と感じています


三学期はじまってます!
なかなか順調なスタート。様子をみているところです。


さて、この「逆境を超えていく者へ」というタイトル。


「まいったな~……」と沈んでいたとき、この「逆境を越えてゆく者へ -爪先立ちで明日を考えるー」という本がたまたま目に飛び込んできました。読めば読むほどヤられ……感銘を受けたため、ほぼ使わせて頂いております。もうオマージュですね。
 

 
このブログ内のタイトルは、「越」から「超」に、「ゆく」から「いく」に変えてあります。



“…今もまったく色あせることなく、いかに生きていくべきか、いかに困難を乗り越えていくか、そのためには日々、どんな心得を持ち、修養すればいいのかを、すべての世代に向けてあたたかな目線で説いています”(背表紙より)


まさに、です。


たとえば、身体と気弱の関係。

うちの子は朝の電車で具合がわるくなりはじめ、気持ちもグラグラになったからでしょう。何度もこの箇所は読み返しました。

生活習慣と食事を思い切って見直したきっかけにもなりました。



ちがう時代に生きていても、人間という生身は変わらない。

体と心の本質を説き、さらに背中を押してくれる応援本。


新渡戸稲造先生の慈愛に満ちた語り口と視点からなのでしょう。やってみよう、と思わされます。


”爪先立ちで明日を考える” というサブタイトルも好きです~

五千円札時代、ニトベ イナゾーって誰? と思っていてごめんなさい!(><)




沁みる、といえば、もう一冊。  
こちらもとても勉強になり、実践中です。
 

 
画像:アマゾンより

末永蒼生著「みるみる変わる! 困った子、心配な子の育て方」(講談社)


気持ちの切り替えができない…  時間感覚を育ててみよう


朝が起きられない…  寝る前にリラックスタイムを。心身のリズムを見直す、整える


わがままがひどい…  愛情充電のチャンス! etc.…



それぞれのトピックごとにアイディア満載です。


こどものときは わかってたことなのに・・・と感じることが多く。。
親という立場になってしまうと見えなくなっている・・・ 困りものです。。

改めてこどもの動物的な感覚、感じ方を思い起こすことができ、感謝です。


心を灯す 2冊。
おかげさまで効果も出てきており…!


つづく