2017.5.7

逆境を超えていく者へ 最終章
超えろ。

 

 
槇原敬之「超えろ。」このところ自分自身への応援歌。関テレ社歌でもあるそうで。はじめてレコチョクで音楽を購入。1回買うとPCでも携帯でも楽しめていいですね♪

 

きもちのいいお天気つづきのGW、最終日。
いかがお過ごしですか?

うちの三姉妹。中間子。7才次女の登校拒否問題。 
おかげさまで だいぶ順調になってきました

とはいえ また次の段階に入ってます。。。(^^;)


学校にはすんなりいけるようになったものの、、

宿題をやろうとしなかったり、、、勉強でわからないことがあると 立ち止まってしまったり、、、

やる気スイッチはどこにある……?!

すべてがすんなりになったわけでなく…まだまだ日常的に目が離せない。。こっちのほうが意外と手がかかってるかも??


越えても 超えても 課題が出てくる。。。
子どもの心理に鋭い夫によると、いまの段階は「認められたい」時代とのこと。


例えば、学校でがんばってるのに、緊張して手が止まってしまう。
塾に行ってる周りの子はどんどんドリルが出来るのに、自分はできない…情けない、くやしい、先生に言うのもはずかしい……出来ない自分がいやになる……クーッ!

よくよく話して 気持ちを受け止めていくと たしかに変わっていく。
大丈夫よ、やればできるじゃない、きちんとやりたいんだよね、などと励ましていく。でもそこに至るまでに2時間かかったりもする。。。


ただ疲れていて怒ってうちの子 寝てしまうこともあるし…(^^;)
母ちゃん、忍耐です笑



きのう、「君の名は。」の新海誠監督作品「秒速5センチメートル」をDVDで鑑賞。

「言の葉の庭」といった新海作品をこのところみています
デジタルなスピード感と 心情の交差に  舌を巻きます



目には見えないけれど、たしかに存在する心のうごき。

いくらデジタルな世の中になっても、これだけは存在する。

そのあたりをじっくりみながら 味方でありたい。


たのしくも ときに忍耐… ドキドキしたり、ワクワクしたり……
こどもにとっても、私自身にとっても 決してこれは無駄にならないと信じて……


まだプロセスの途中ではありますが、一旦この「逆境」シリーズは閉幕といたします

コメントをくださった皆様とも交流ができ とてもありがたい場となっておりました

いつも本当にありがとうございます
またこどものことや日常、書いていきますです

百瀬でした