2017.9.22

「服はあるのに着る服がない」を救う12アイテム【試着会レポート!】

ベルメゾンの「StyleNote(スタイルノート)」とミモレのコラボレーション企画、【「服はあるのに着る服がない」を救う新定番アイテム・12】の発売を記念して、試着&先行発売イベントが開催されました。「これがあったら、手持ちの服がもっと活用できるはず」を実現した12アイテム。実際に手に取って、着てみていただける貴重な機会となりました。ご参加いただいた方の試着スナップもたっぷりとお届けします! それぞれの着こなし方をぜひご参考にしてください。

「服はあるのに着る服がない」を救う新定番・12 全アイテムはこちら>>

大草編集長は、カシミヤ3WAYニットプルオーバー裾フリンジプリーツスカート着用して登壇。


「着る服に悩む時間を短縮したい」という思いから生まれたアイテム

「朝の服選びがプレッシャーになったり、ストレスに感じたりしたら定番アイテムの見直しどき」と編集長はよく言っています。服選びが楽しくなくなってしまうこと自体、ちょっとさみしいこと。今回、スタイルノートとコラボレーションしたアイテムは、そんなストレスから解放されることを目指し、着るだけで「形」になることと、ホームクリーニングできる・シワになりにくいなどの扱いやすさの両方にとことんこだわって製作しました。

スタイルノートの商品開発担当の田村英さん、前田奈穂子さんと共に、1アイテムずつ、こだわりポイントやコーディネートを決めるコツ、お手入れ方法などを解説。
リバーシブルで着られるムートンジレ(裏はチェック柄)は、少し長めの着丈につくってあるので、「お尻が隠れてあたたかい上に、パンツにもワンピースも合わせやすいですよ」、と実演。


いよいよ試着&大草編集長によるアドバイスタイムに突入!

試着室から出てきたところで、編集長が着こなしアドバイス。シャツの襟や袖のあしらい、トップスのボトムインなどでバランスアップ!
編集長と同じカシミヤのニットプリーツスカートの組み合わせにトライする人多数。

試着室から出てきたみなさんをチェック!!

コラボアイテムのウールサキソニータックボトルパンツのキャメルにトライ。足首の細さが強調されてすらっと脚長に!
同じボトルパンツのグリーンをお試し。深みのあるグリーンは黒や靴やバッグとの相性もGOOD。
シルクワンピースの上にライダースジャケットを。肩掛けするとより女らしく。真冬はワンピースの中にタートルネックを着てもいいですよ、と編集長。
レッドカードのデニムにトライ。ほどよく身体にフィットして、ひざ下のラインもきれい。
同色のウールジレボトルパンツで“ジレアップ”に。セットアップよりさらにおしゃれ上級者見え。中の白いシャツもコラボアイテムです。
ライダースジャケットの上にムートンジレレッドカードのデニムを着用。あまりのあたたかさに「息子の試合の応援時の防寒ルックにしたい」とおっしゃっていました。
  • 編集長と同じカシミヤニットプリーツスカートの組み合わせ。裾の透け感は動いたときに足さばきをより女らしく見せてくれます。
  • 同じコーディネートをスポーツサンダルやスニーカーなどカジュアルな靴と合わせても◎。より軽快な印象に。
  • 編集長と“双子コーデ”で記念撮影♡ カシミヤニットをカーディガンとして着るときは、一番上のボタンを外して少し開き、鎖骨まわりを出して着るのが女っぽさUPのポイント。


「服はあるのに着る服がない」を救う新定番・12 全アイテムはこちら>>