梅雨明けした真夏の東京で、3年越しのコラボレーションがついに実現します!

初めて伺ったインド大使館。ロビーに飾ってあった水鉢に浮かんだばらの花びらがとても優しげで印象的でした。

2016、2017年にインド・デリーで日本舞踊とインド芸術(音楽とダンス)のコラボレーションの舞台が開催されました。日本舞踊を世界で…と、いろいろな試みが繰り広げられています。日印友好60年の去年は歌舞伎座でインドの作品(「極付印度伝マハーバーラタ戦記」)が上演されました。歌舞伎仕立てのスケールが大きい作品に圧倒されたことが記憶に残っています。

記者会見では「ラーマーヤナ」のコスチュームをつけて。

今回は日本舞踊家が、インド音楽で日本の古典作品と、インドの方ならみなさんがご存知の「ラーマーヤナ」という大叙事詩を踊ります。壮大です。そしてインドの楽器の音色はとても心地よく、聴いているだけでリラックスできます。

この公演に携わる方々が一堂に集まってのレセプションでした。
久しぶりにお洋服でパーティに!足元を撮ってみました。

インドからカタックダンサーのサンギータ・チャタルジー( Ms.Sangita Chattaerjee)さん、シタール奏者のファテー・アリ・ハーン(Mr.Fateh Ali Khan)さん、タブラ奏者のアマーン・アリ・ハーン(Mr.Amaan Ali Khan)さんが来日し、公演を前に歓迎のレセプションパーティが開催されました。

日本舞踊家×インドアーティスト=未知の作品!まさに日印友好です。

そしてお稽古場にお邪魔して一緒に写真を撮ったり♡

お稽古場で、インドアーティストの皆さんと。本当に素敵な方たちなのです♡左からアマーンさん、サンギータさん、私、ファテーさん。

本公演は7月3日です。今からわくわくです!


instagramでは美味しいものとかも!というか美味しいものばっかり!