アラフォーになっても20代モデルとしか付き合わず、かねてからハリウッド界の志●けん化が危惧(?)されてきた、レオナルド・ディカプリオ。

この度、そんなディカプリオが今まで一度も25歳以上の女性とデートしたことがないという事実を表したグラフを作成した猛者がネットに登場して話題に。無駄にクオリティの高いグラフの完成度が笑いを誘います。

トラスト・リトル・ブラザーという作者によって作成されたグラフ。(©︎ Reddit user TrustLittleBrother)「レオナルド・ディカプリオは25歳以上の女性とのデートを拒絶する」というタイトルがまず笑えます。

これを見ると、今までディカプリオが付き合った最も若い女性は18歳のときのジゼル・ブンチェン。ふたりは約6年間交際するも、ジゼルが25歳になる前に破局。そしてその後は、25歳を最大値として、20歳から25歳までの若い(主にブロンドのモデル)女性との交際を繰り返していることがグラフからわかります。しかもなんとなく、25歳と付き合った後は20歳くらいの、より若い子に戻るという傾向まで見えて来るような……。

美男美女カップルだったディカプリオとジゼル。このときの光り輝いていたディカプリオと付き合えたジゼルは、歴代彼女の中でもいちばんラッキーだったのではないでしょうか。というか純粋にうらやましい!(写真:Shutterstock/アフロ)

24歳のディカプリオを起点として作られたこのグラフ、ディカプリオの年齢は右肩上がりで歳を取る一方なのに、交際相手の年齢は一貫して最年長25歳まで、というのがすごい。―計算すると、女性たちの平均年齢は22.9歳。うっすらとわかってはいた事実も、こうして改めて可視化すると、引きますね(笑)。


そして現在44歳のディカプリオが付き合っているのは、21歳のモデル兼女優、カミ・モローネ。ふたりは2017年の12月から交際が報じられているのですが、こうして数字で見ると、ディカプリオは自分の半分以上年下の女性にしか惹かれないんだなあ。今まで交際が続いた最長はどうやら25歳のときの恋人ジゼルと、その直後に付き合ったバー・ラファエリのふたりで、それぞれ約6年間の交際期間。それ以降は短期の交際が多い気がします。

現在のレオ様&彼女のカミ。若い彼女と付き合いたいならもう少しワークアウトもがんばって欲しいと思ってしまう私。だいたい、44歳でこの腰パンはアリなのか?やっぱりアンバー・ハードと結婚して激太りしたジョニデのように、格下の若い女性と付き合うと、あまりうるさく言われることもないから緊張感がなくなって自分に甘くなるのかしら。それがラクだから付き合ってたりして。などと、勝手な妄想が止まりません。(写真:Backgrid/アフロ)


これはディカプリオが親密な関係になるのを恐れているのか、それとも結婚してくれない(?)彼に業を煮やした女性たちが愛想をつかして去って行ってしまうのか。そもそも、彼に結婚願望があるのかどうか、誰か直球でインタビューしてみて欲しい(笑)。―と思って探してみたら、過去には結婚に対してこんな発言をしていましたよ。


「真実は、結婚を予測することはできないんだ。結婚とは計画して行なうものじゃなくて、勝手に起きるものだから」


……そうなのか? ディカプリオさえ肚を決めれば、いつでも計画して行なえる気がするのですが……。

マザコンとの噂もあるけれど、ママのお眼鏡に適う女性が現れたら年貢を収めるつもりはあるのか。それともほんっと〜に25歳以上の女性には興味が持てないのか。この辺りも誰かに突っ込んで欲しいところです。

このニュースを見たあとに「あれ? そういえば、ディカプリオって白人ブロンドっていう好みとは違うリアーナとデートしてたことがあったよな〜」と思い、ググってみたところ、なんとリアーナとは彼女が26歳前後のときから27歳にかけて熱愛報道があったのです。ヴィクシーファッションショーのアフターパーティに行ってはブロンドモデルを漁っているというディカプリオの強固な好みのタイプをも超える、リアーナってもしや、結婚相手の大金星なのでは!? 残念ながら(?)彼女は今アラブの大富豪と交際中なのでその可能性は薄いのですが、この過去の事実だけが、ディカプリオのロ●コン疑惑を晴らす唯一の光・・・(大げさ)!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Leonardo DiCaprioさん(@leonardodicaprio)がシェアした投稿 -

ブラピとの共演も話題の新作映画のポスター画像が公開に。 カミとのデート時よりは体型も顔もちゃんと戻して、精悍なハンサム顔になっているところはさすがプロ。でももしかしてフォトショの画像加工の力・・・!? そして50代になっても相変わらずかっこいいブラピには尊敬しかありません♡


そしてこのグラフを見たディカプリオは一体、何を思うのでしょうか…。