みなさま、こんにちは。

髪のこと。
このタイトル、あちらこちらでお話しさせていただく機会が多いこの頃です。
お話させていただく本人が綺麗な髪だったら良いのですが、前回でお伝えした通り、強烈なクセっ毛なんです。少々白髪もあります。生え際の髪が細くもなってきています。パサつきやすいのでトリートメントも欠かせません。
なので良い!とされていること何でも試してきました。
そのうちの1つ
かなり前のブログでもご紹介させていただきましたが、ブラッシングはとってもおススメ。

以前のブログでは頭皮の血行促進のためにブラッシングは欠かせないと言うことで、メイソンピアソンのブラシをご紹介させていただきました。
今回は髪を艶やかに保つコトを目的に。髪をとかす習慣としてご紹介したいのが日本の伝統技術、職人さんによって作られている「本つげの櫛」です。

 

京都の金竹堂の本つげ櫛、とっても良いのですよ。長年愛用していたつげ櫛を洗面所に置いていたから水道横から水が漏れていて、濡らしてしまいました。そうです、つげの櫛にとって水は大敵。濡れた髪をとかすのにも使えません。
水で洗うことが出来ないつげの櫛は椿油でお手入れをするのですが、それがまたGood!しっかり良質な油分を含んだつげ櫛なので 髪が艶やかになります。
もちろんプラスティック製の櫛もきちんと髪をとかすことができますが、プラスティックの櫛は帯電しやすいので静電気が起きやすいですよね。静電気はキューティクルをはがしやすくしてしまうのです。
だったらせっかくだし、日本の素晴らしい職人さんが作り出した櫛を使うもの良いでしょう?
本つげの櫛、形も多種多様。オイルも椿油でなくても、アーモンドオイルやホホバオイル、お気に入りのオイルで楽しむのも良いですよね。

instagramも覗いてみてください。
寺谷真由美でした♡