雨の日だっておしゃれしたい気持ちは変わらない。けれど、靴はどうする? ボトムの丈は? 寒さ対策は…? すこし気にかけるポイントが増える雨の日のコーディネート、湿気に負けず、思わず気持ちが軽くなるようなスタイルを厳選してご紹介します。

『雨の日のおしゃれも楽しく20選』を一挙に見る>>

 


夏気分を盛り上げるカラーバッグを一点投入。オールブラックなのに華やか!

 

RITSUKO'S コメント


袖の折り返し、大きさが違うボタンなどデザイン性のあるアイテムのセットアップが目をひきますね。オール黒なのに地味じゃないし、モードな雰囲気もあって素敵♡ 優しいイエローの差し色も夏らしく爽やかですね。

『雨の日のおしゃれも楽しく20選』を一挙に見る>>


シーンレスで活躍する強力タッグ! ストレートデニム×ハイカットスニーカー

 

NAOKO'S コメント


ナンタケットバッグ、可愛いですねー。斜めがけのバランスもパーフェクト♡ 美人をメガネでカジュアルにした計算も、おしゃれです!

『雨の日のおしゃれも楽しく20選』を一挙に見る>>


クールなフォルムを淡色でやさしく上品に

 

NAOKO'S コメント


ガウチョパンツも、こんなふうに大人っぽく着こなせるんですね。長めのベストと合わせた、ロング&リーンなバランスも真似したいです。ガウチョパンツ、少し難しいな、と思う方は、ポインテッドトゥの華奢なパンプスと合わせましょう。

 

『雨の日のおしゃれも楽しく20選』を一挙に見る>>



【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。