華やかな色の中でもひと際目を引く、赤。艶っぽいイメージはもちろん、着こなし次第ではとても知的な印象にも。鮮やかな赤から、少しくすんだシックな赤まで。女をあげる、取りいれやすい赤の着こなしをご紹介します。

『女をあげる赤を投入!夏スタイル40』を一挙に見る>>

 

夏から秋へのスライドはボトムの色からスタート

 

NAOKO'S コメント


女性らしいバーガンディ色のパンツが、目を惹きますね。トップスは白で爽やかに。夏の名残があるこの時期の、狭間のコーディネート、パーフェクトです!

『女をあげる赤を投入!夏スタイル40』を一挙に見る>>

 

一枚で着映えする赤のワンピース。今季のおすすめブランドは?

 

NAOKO'S コメント


なんてドラマティックな真っ赤なドレス。大人の女だからこそ、の艶っぽさ、そして余裕が感じられて視線を奪われます。

『女をあげる赤を投入!夏スタイル40』を一挙に見る>>

 

一目ぼれのマキシスカートをステートメント・ピースに

 

NAOKO'S コメント


トマトレッドのマキシスカートを、こんなにグラマラスに着こなせるなんて!  どうしてもリゾートスタイルにもっていきがちなスカートを、美しくセンシュアルなピンヒールで! なんて格好いい。

『女をあげる赤を投入!夏スタイル40』を一挙に見る>>



【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。