ビジネスシーンに限らず、少し改まった食事の席では、場にふさわしいドレスコードが求められるもの。とはいっても、堅苦しくなりすぎず、女性らしい柔らかさを感じさせるスタイルが知りたいところです。大人の女性ならではの知性や品を生み出す会食スタイルとは? 45人の着こなしをご紹介いたします。

『会食のある日、何を着る?おしゃれサンプル45』を一挙に見る>>

 

ONにもOFFにも活躍する夏素材が活きる着こなし

 

NAOKO'S コメント


涼しげな、マルチストライプのパンツがきれいなアクセントになっていますね。パンチのあるアイテムとベーシックを合わせる、この技、ぜひ真似したいですね。コンパクトにまとめたエレガントなまとめ髪も素敵♡

『会食のある日、何を着る?おしゃれサンプル45』を一挙に見る>>


夏のセットアップこそアースカラーにトライ

 

NAOKO'S コメント


美しいボブスタイルに、テラコッタ色のセットアップ。小物はカジュアルにまとめていても、女っぽさが際立ちます。靴を、素肌になじむトープカラーにしているのもさすが。全身が重く見えないような工夫が、靴選びや、爽やかなブルーのスカーフに表れています。

『会食のある日、何を着る?おしゃれサンプル45』を一挙に見る>>


スモーキーピンクならパンツルックも品よく優しい

 

NAOKO'S コメント


ミルキーな色でまとめた全身が、大人の余裕とエレガントさを表現。こういう曖昧色は、色のトーンを揃えると、うまくいきます。きれいなボブも素敵です!

 

『会食のある日、何を着る?おしゃれサンプル45』を一挙に見る>>


【40代コーデ】一覧ページをみる>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。