先日の「旅するお料理教室」
旅先はメキシコ!でした。料理家TOMOKAさんがナビゲートしてくれる旅はいつだって美味しくてとても楽しいのです^^
この日のメニューはタコライス。

 

TOMOKAさんは旦那様のお仕事の都合で少し前まで海外に点々と居住していて、お料理という世界共通のツールでどこでもお友達を作り、文化を吸収して、そして自分の世界に昇華してお料理を作るので、いつも私たちは旅をしたような気持ちになります。

 

メキシコの友人の話や、彼女のメキシコの印象を聞きながらお料理を作り、そして食べる。
もちろん、メキシコ以外の国の話も。

 

彼女の話はいつもとても興味深くて、その中でもすごく興味深かったのが、地球の歴史を一年で例えると、キリストが生まれたのが大晦日の12時59分59秒なのだというお話。(彼女の旦那様が天文学のお仕事をされているのです。そして、この話はだいぶざっくり私が要約していますので諸説ありです)
なんか、肩の力が抜けるというか、なんて自分は一瞬の世界を生きているのかと思いました。悩んでいることもその世界で考えるともとてもちっぽけなこと^^

 

美味しいものはきっと世界共通で、文化や趣味嗜好は違えど、美味しいものを好きな人たちと共に食べればみんな幸せ。その幸せがたくさんあればきっともっと幸せ。
この世界は自分で複雑にしてしまっているけれど、実はとてもシンプル。
(でもまたすぐにそんなことは忙しさで忘れてしまうのだけれど汗)

 

この日のお教室を開催してくれたお友達のおうちのオリーブ。なんと樹齢200年!時空も旅したような気持ちになれた日でした^^

 

 

それでは今日も素敵な一日を!