title
4

チークの色は脱コーラル!ベージュかパープルに更新【大人のベーシックメイク講座】

歳を重ねて、今までのメイクがしっくりこなくなってきた、メイクをしても顔色が冴えない、トレンドの取り入れるのが気恥ずかしい……といったお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか? それは顔立ちや肌質の変化のせい。昔覚えたままのメイクを今こそ更新するタイミングなのです。とはいえ、どんなブランドがいいの?どんな色や質感がいいの?とメイク迷子に陥りがち。

ミモレのブロガー、40代の山根亜希子さん奥村真理子さんも新しいメイクに挑戦できず、ワンパターンになりがちと言います。
そこで40代からのベーシックメイクを更新するためのコツを美容エディターの大塚真里さんにレクチャーしてもらいました。

今回はチーク。何年も変わらず、ピンク系やコーラル系を当たり前のように使っている人が多いのではないでしょうか?これまでの思い込みは捨てて、チークを味方につけるべく、改めて自分に似合う色選びをしてみましょう!

(右から)ミモレ ブロガーの奥村さん、山根さん、美容エディターの大塚真里さん、ミモレ編集の片岡。メイクについての話がつきません。
 


ピンク&コーラルは卒業しても


顔の輪郭に変化が出てくる40代。山根さんも奥村さんもチーク選びについて、あまり意識したことがないそう。ハリがなくなってきた肌に合うチークとはどんなものなのでしょう。
「40代になっても、ピンク系やコーラル系のチークからずっと更新されていない人が多いですよね。もちろん悪くはないんですが、変わり映えしないので自分の顔に飽きてきてしまいます。
自分に似合う色は自分が一番知っていると決めつけないで、今の顔立ちに合うチークに思い切って変えてみると新たな発見があります。大人になった自分の顔にワクワクできるんです」(大塚さん)
 

チークのつけ方についてもレクチャーする大塚さん。チークはつけ方や位置によって驚くほど印象が変わります。


おすすめの色はベージュかパープル


「ハリがなくなってきた40代にとって、チークは必須です。おすすめは2パターン。立体感とほのかな血色を演出できるベージュ系でオシャレな雰囲気にするか、パープルやボルドー系のシックな色で顔全体を引き締めるか。メリハリが一気に出て、肌全体が底上げされるのはもちろん、トレンド感のある顔に変わりますよ」(大塚さん)

顔色をよくする、というイメージもあってかこれまでピンク系やコーラル系を使っていた一同、大塚さんの色選びにびっくり!
自分ではなかなか手を出さないベージュ系とパープル系、つけたらどうなるのか、と興味津々で試してみることに。

以前より鏡を見ることが減ってきたという山根さん。タッチアップしてもらった顔を見て「チーク一つでこんなに変わるんだー」と大満足!
顎にもチークをのせる、というテクニックに驚く奥村さん。肌の透明感や印象を変えることなく顔全体が引き締まった印象になります。
  • 1
  • 2