こんにちは。

外出禁止令9日目も終わろうとしてます……って、もはや家にしかいないので新しいネタがない。。

ので、本日は我が家のニャンズについて書いてみようと思います。

私のインスタ(すっかり猫スタグラムとなってしまった)、そして以前のブログを見ていただいている方はよくご存知だと思いますが、我が家には二匹の猫がいます。

手前の茶白が弟とら、奥がお姉さんのくるみ。

上の猫、くるみは2018年8月15日生まれで1歳7ヶ月。白〜ベージュ〜グレーの長毛種。獣医さんからはサクレ ド ビルマニー(バーマン)種と言われてます(雑種だけど)。

我が家に来たのは、ちょうど生後2ヶ月の頃。小さくて、500gぐらいしかありませんでした。

くるみの性格は、とにかく独立系。私たちにもそれほどベタベタせず、常に距離を置いている。触っても、彼女の気分がのらない時は「ガブリ、バリバリバリッ」とやる。

来たばっかりの頃はものすごく大人しくて、ぬいぐるみかと言われていたのに。。

下の子のとらが来る前は、遊び足りず欲求不満だったようで、しょっちゅう飛びかかられてガブリとやられ、私の手足はいつも傷だらけでした。。

大きくなったらすっかりビビリになり、玄関の外に人の気配がすると「シャー」と言って、人が入ってくるものなら引き戸の棚をガラガラ〜と開けて隠れてしまう。

おもちゃ遊びも、子供の頃からそれほどしなかったな〜。基本的に、のっそりしている感じ。

それでもだいぶ活発になった頃。ちょっと目がいたずらっ子風。

ではくるみさんを何が突き動かすかといえば、それはただひたすら食欲です。子供の頃からきっちり基準量をg単位で測ってあげているんですが、とにかくお腹がいつも減っている(汗)。

朝は6時ぐらいから寝ている私の横にスタンバイ。起きなかったりすると、どすん!とお腹の上に飛び乗ってくる。今や5.3kgもあるので、毎回「ウゥッ」と声が出るほど……。

あれ。こうして書いてると、いいとこあんまない(笑)。

でも可愛いんですよ。一番は、ものすごく忠実なところでしょうか。私が帰ってくると必ず玄関で待っている(とらはしない)。私が寝ている間はずっといつまでもベッドの端で起きるのを待っている。いつも私が見えるところに居る。抱っこされても、じーっとして嫌がらないふかふか柔らかく(その分抜け毛はすごい)、むにゃむにゃなお腹を触ってもぽやーとしている。

つまり、ツンデレ!ってやつですね。

二匹の性格と比べようとしたら長くなってしまった……ので、下の子とらについては次回に書こうと思います!

ストック生活記録続き。

3月24日お昼ごはん。前の晩から水につけておいたパスタを重曹で茹でて中華麺風に。冷凍してあった塩豚のスライス、木耳、人参、ブレットを炒め、餡でとじて麺の上にのせた餡掛け焼きそば。夕ご飯は煮鶏(写真取り忘れ)。
3月25日お昼ごはん。前の晩の鶏の残りとブレットを入れたリゾット。冷蔵庫の奥にひっそり残されていたトリュフペーストをのせた。
25日夕ごはん。オットがせっせと寝かせたハーブ塩豚をローストに。ブレットとカブ、アンチョビ(冷蔵)の炒めもの、ブロッコリーの梅マヨあえ、カニカマ(冷凍)とわかめのお味噌汁も添えた。これでブレットは終わり。