皆さんこんにちは!雪に埋もれながら頑張って生きてます。齊藤です。先週末も最強寒波がくる!と恐れおののき・・・。実は出かける用事があったのですが、とても運転をして出て行ける自信がなく日程を変更して頂きました。だけど雪国の人は事前に備えて備えてその当日も朝は早く起きてせっせと雪かきそして出勤時間よりも大幅に早く出勤をして普通に過ごしております。こ、こんな大雪ならば学校も休みじゃないの??と今まで何度も思ったことがありましたが、子供たちも普通に長靴をはき出かけてしまいます。←外が猛吹雪でも・・。

先日も、台風並みの強風が吹く夜。明日の朝もこんなんだったらどうしよう・・と一人ビビって居りましたら次男に「だから都会者はひよわなんだよ!」と。だけどこういう中で暮らしているからそんじょそこらの事は気にしないで生きていけるのかな??本当に子供たちたくましいです!

だけど、私・・。勤務日を変更してもらったり、こんな吹雪の日ホワイトアウトした中運転したくない・・(これは何年たってもダメ)と思ってしまう。←この気持ちを共有できる人が少なくて悲しい・・・。(そんなのしかたねえべ!ってみんないう)

「がってしねえ」

という言葉があります。気にしないみたいな意味で使う事が多いです。その音とかニュアンスが、頑張れよー気にすんなーみたいな雰囲気もあって好きな言葉です。

お―――さわやかな写真だーー

写真にうつるひときわ大きな木。その横にある小さな木、と写真ではわかりにくいですが小さな木の3本あります。この木はすべて栗の木。

秋の栗の木です。
こんな風にたくさんの実がなります。
クルミで作ったかごに入れてみました。

栗拾いはとても楽しいので、子供と一緒に拾うのですが、その後・・・。栗の皮むくのも大変だし。中身は美味しいけどそこに行きつくまでの工程を考えると面倒くさいな(笑)と思う私。友人にパティシエさんがいるので、家の栗!とあげました。そうしたらパティシエさんより「栗が甘いんだけど・・なんでこんなにおいしいの??」と絶賛の声。「えっ?本当に??いつも食べてるからこんなもんかと思ってた。」「もったいなさすぎ!」

そんな風に言われちゃうと、そうなのか??とまずは茹でて食べてみた。甘くておいしかった。ネットで調べると、蒸して食べると栗本来のうまみがわかる!とあったので蒸してみた。確かに!茹でた時より栗っぽい味わい!!キッチンでむしゃむしゃ食べる(笑)

いつも栗ご飯を作って終わりだったけど今年は・・。ネットで調べマロンクリームを作ってみた!!面倒くさい。確かに面倒くさそう。だけど私はモンブランが大好き!!この栗で作ったら絶対美味しいーーーー!はず。

今までは皮をむくのが面倒だからとほとんど自ら食べようとか調理しようと思わなかったのだけど・・。牛乳、砂糖、栗を用意して作りました!!作るのには結構時間もかかるしその間ずっとキッチンにいて混ぜ混ぜしなくてはなので大変だったけど。夢のモンブランの為に頑張りました。

そのマロンクリームは、薄い茶色でとってもまろやかな美味しさだったのです!!スポンジは買ったものだけど、大好きなモンブランを作りました!

これはイメージです!!フリー画像より!!

ごめんなさい!写真をとるのをわすれてしまうという大失態!でイメージに近いものをお借りしました。美味しい食材の豊富な山形。この栗でモンブラン!が成功したので早く古民家カフェで振る舞いたい気持ち。と妄想が広がりました。