寒暖差や気圧の差が激しい時は体調を崩す人は多いもの。そんな気候の変動を上手く乗り切る方法は? 女性にとって身近で気兼ねなく相談できる生涯のかかりつけクリニックを目指し、婦人科診療とエイジングケアの最先端治療をおこなっている『成城松村クリニック』の松村圭子院長に教えてもらいました。

 


はなはななさんからの質問

Q. 気圧の変化がいつも辛い……この時期の乗り切り方を教えてください。


身体のだるさが取れない日々が続いています。婦人科で処方してもらったお薬を使用していますが、主に、梅雨から夏の季節がしんどく感じることが多いような気がします。更年期の症状といってもとても幅広く、心が落ち込みやすくもなったりするのですが、うまく乗り切れる方法はあるのでしょうか?(45歳)

 

特別ゲスト 松村圭子先生の回答

A. 自律神経を崩さないよう、部屋の中と外の環境差をできるだけ少なくしましょう。


はなはななさんのように、気圧の変化などで体調を崩す方というのは非常に多いものです。更年期というのは、結局のところは自律神経の乱れによって不調が起こるのですが、環境の変化はその自律神経に大きく影響するからです。

自律神経は、体温や血流などさまざまな体のバランス調整をおこなってくれています。しかしその働きは、気圧や気温の変化など外からの要因で、簡単に崩れてしまうのですね。気温が上がったから体温を下げないといけない、今度は気温が下がったから体温を上げないといけない、と、調整が大変すぎて自律神経が疲れてしまうわけです。そりゃあくたびれてしまいますよね。

ですから上手く乗り切る方法は、環境変化の差を少なくすることが一番です。自律神経は変化が嫌い。とくに外と部屋の中の気温差が5度超えると自律神経に影響をきたしてしまいます。ですから夏はエアコンの温度を高めにして、冬は低めにしましょう。さらに、夏でもちゃんと湯舟に浸かり、冷たいものを食べたり飲んだりし過ぎないなど、冷え対策も怠らないようにして。そうやって外との環境変化を少なくすることを心がけてください。

 
  • 1
  • 2