こんにちは!

先週、根津美術館に行ってきました。

 


4月17日から「国宝燕子花図屏風」の展示が始まったばかりです。
毎年庭園のカキツバタの開花に合わせて展覧会があるんですが、昨年は緊急事態宣言下で休館中だったため、私も観るのは二年ぶり!まずはお庭に。

 

右側には東大寺の「金銅八角灯籠」のレプリカがあります。
両親と来た時母が、どうしてここにあるの!?と驚いていたのを思い出しました^^

 

お庭の中腹にある藤棚。まだ咲き始めといったところです。
これはカキツバタの咲き具合が心配・・

 

全然咲いてない〜(泣)

 

よ〜く見ると二本くらい咲いてます。。早すぎました。。。
今週の陽気で随分咲いたそうなので、今週末が見頃かと思われます。。。

気を取り直して、燕子花図屏風を鑑賞。
もちろん満開でした(笑)

他にも色彩をテーマに仏教画や焼き物の展示もありました。
私が一番時間を取って鑑賞したのは「阿弥陀二十五菩薩来迎図」でした。
亡くなった人を迎えに、阿弥陀如来さまが雲に乗って降りてくるという絵で、様々な構図で描かれたものがあるんですが、根津美術館所蔵の絵がまさに私の思い描くもので。良い時間を過ごす事が出来ました。

 

観賞後はもう一度お庭に。
石造りの如来さまも^^ 

この葉っぱ。お茶に似てるね〜と話していたら・・

 

チャ!ここで採れたお茶が飲めたらいいなぁ。

今回は日にちと時間を指定して事前予約する事が出来ます。
私は、開館時間の10時に予約して行きました。
制限されているので、例年よりぐっと少ない人数で鑑賞する事ができました。

カキツバタはフライングでしたが、気持ちよい一日でした^^

それでは、また!