心地よい時間には、好きな音が共にある。最近になって意識し気づいたことです。

 

コーヒーを淹れる時間、紙に筆記具で文字を書いている時間、
本を読んでいる時間、木々がいっぱいのところでお散歩している時間などなどいろいろありますが、
好きな理由の一つに、音が好きというのがあります。

いわゆる音フェチです。

コーヒーを淹れるとき、豆をすくうときの袋の音や豆の音、挽くときの音、ドリップの雫の音、
カップに注ぐときの音、どれも耳を澄ましながら味わいます。

 

淹れるときには、あえて音楽も小さくします。

ノートを綴るときやノートを読み返すときの音も好きです。

 


万年筆を走らせるかすかな音、ページをめくるときの音、
特に、切り抜きがたくさん貼られたノートは、糊効果で、ページをめくるときにパリッパリッという
音がするのですが、その音がたまらなく好き。紙好きの私にとってはまさにハッピーを喚起する極上の音です。

お散歩の時に楽しむ音は、木々が揺れるときに葉や枝が風に揺れて擦れ合う音、シャラシャラだったり、
ザワンザワンだったりすると、なんだか木々たちに挨拶されてる感じで、勝手に上機嫌になります。

 
 
 

 

 


あと、落ち葉の上を歩く音にも心ときめきます。

 

秋だけでなく春も結構新芽が出るので、落ち葉が多いということ、
明治神宮のお散歩で知りました。
落ち葉の上をわざと歩いて、落ち葉音を満喫します。

 


よく乾いた葉っぱは、クシュパリッと最高にいい音で、薄いおせんべいの音にも似ていて、無性におせんべいが食べたくなったりします。

また、夏が近づいてくると、炭酸の音や氷の音もいいですよね!
YouTubeには、ASMRの映像もたくさんあって面白いですよ!

昨日更新した、コーヒーとおやつにエッセイ朗読の、YouTubeチャンネル「堤信子のありがとう上手の習慣〜代官山のキッチンから〜」
今回は、コーヒー豆をゴリゴリ挽く音やカップに注ぐ音などを少し楽しんでもらえるような編集にしました。
朗読は、「ありがとうはP.S.追伸で」人から好かれる人は、最後の一言で相手の心をつかむのがとても上手というお話です。

https://youtu.be/ImSX821x5Zs

皆さんのチャンネル登録やイイネボタンいただけたら、涙が出るほど嬉しいです!
最近ミモレ経由でチャンネル登録してくださる方が少しずつ増えて心より感謝しています。

 

あなたの暮らしの中の大好きな音、気になる音、メッセージなどで教えていただけたら幸いです。

#ASMR 
#音フェチ
#お家時間