今回は、豆を挽くコーヒーミルのお話です。

 

コーヒー好きゆえ、気がつくと独身の頃から何十年も使っているコーヒーミルも含めて自宅には、全部で5つのコーヒーミルがあります。

シンプルな作りなので、まず壊れることはほとんどなく、どのミルも、いつもガリガリと機嫌よく仕事をしてくれます。

コーヒーを豆から挽いて淹れるというと、割と男性のイメージが強いかもしれませんが、我が家では、夫はそれほどこだわりはなく、豆から挽いて淹れるのは私だけ、、夫が一人で飲むときは、だいたいアイスコーヒーで、缶入りのプレミアムボスブラックと決まっています。

 

(これも確かに美味しい!)

ということで、お客さんでもない限り、豆を挽くのは毎回1杯分がほとんど。すると、ミルも1〜2杯用の小ぶりのものが中心です。

 
 

左から、

・ジャパンポーレックスのステンレスミル 

・カリタのミル

・ドイツ・メリタの電動ミル

・ダイソーの500円ミル

 

ジャパンポーレックスの手挽きコーヒーミルは、見た目がスタイリッシュで、挽きごこちもなかなかです。http://www.porlex.co.jp/lineup/coffee.html

カリタのミルは、30年選手で、独身時代から使っています。当時は少量挽ける手挽きミルはあまり見かけなかったので、知り合いに紹介されて購入したときはとても嬉しかったのを覚えています。

 

ハンドルがボディーに収まるのもいい感じです。30年近く前のものなので、どうやら同じデザインのものは廃番になっているみたい。https://www.kalita.co.jp/products/handmill/

ドイツ・メリタの電動ミルは、ほぼ毎日使っています。

 

やっぱり楽、、ボタンを押すだけ、数十秒であっという間に挽けますので、手が疲れません。ちょうど本日更新の、YouTubeチャンネルでご紹介しています。動画でご覧ください!https://youtu.be/qK_icD_oCHs

 

 

今回は、めちゃ可愛いサブレも登場しますよ!

そして、ダイソーの、びっくり500円ミル。これは、YouTubeチャンネルでもご紹介したく試しに購入してみたら、まあ、とても優秀で驚きました。

 
 

詳しい使い心地は、少し前に投稿したこちらのYouTube動画でご覧くださいね。https://youtu.be/3da_5PTkj2s

500円なのに、あっぱれです。期待以上で、我が家のコーヒーアイテムに仲間入りしました。

そして、実は、もう一つ、お気に入りのコーヒーミルが我がキッチンにあります。それはこちら、ビンテージの壁掛け手挽きミル。

 

今から二十年ほど前に、東京合羽橋のコーヒー専門店で見つけました。お店の棚の上の方に、存在をすっかり忘れられた感じで、埃かぶって置かれていました。海外の蚤の市などでは、壁掛けのプジョーのビンテージコーヒーミルなどをよく見かけていたので、インテリアに壁掛けを欲しいなあ、、と思っていたところでした。まさか、合羽橋で見つかるとは、、、。お店の方も「詳細はわかりません、、小ぶりなのでおそらく日本のものかと思いますが、、」とのこと。嬉しくて大切に持って帰り、早速キッチンの壁に取り付けました。上からお豆を入れて、壁に向かってハンドルを回すと、下のガラスの入れ物に引いた粉が出てくるというもの。もちろんちゃんと使えます。年に数回、楽しみながら使っています。

やっぱり挽きたては、香りが違います。挽く時間も、マインドフルネスタイム、皆さんも相性の良い道具を見つけて、お家時間をより楽しんでみてはいかがですか?

YouTubeチャンネル「ありがとう上手の習慣〜代官山のキッチンから〜」
今回の朗読は、第21話 「日頃の感謝はお裾分けで」 です。https://youtu.be/qK_icD_oCHs

自分からありがとうを伝えるタイミングを作りたいとき、お裾分けは絶好のチャンスです。
キッチントークでは、コーヒーを淹れるときの、豆の音や、電動ミルで挽く音、ドリップする音や、コーヒーを注ぐ音などASMRもお楽しみください!

ドイツ・メリタの電動ミル https://www.melitta.co.jp/products/choose/coffeemill.html

#朗読​​​​​​​​
#コーヒーミル
#お菓子箱の世界

#サブレミシェル
#癒やし​​
#ありがとう上手の習慣​​​​​​​​
#コミュニケーション術​​​​​​​​
#アナウンサー​​​​​​​
#堤信子​​​​​​