こんにちは。週のまんなか水曜日、いかがお過ごしですか?
今日は、「人とつながる」の日にしたいと思います。

最近、子どもの頃から大好きだった方にお会いできました。イラストレーターの田村セツコさんです。

先日『若草物語』についてのブログでもご紹介した、ポプラ社『こども世界名作童話』シリーズ。


『あしながおじさん』『若草物語』『おちゃめなふたご』シリーズ……、私の少女時代の記憶はいつも田村セツコさんのイラストとともにあります。

ふわふわと可愛らしいタッチ、お洒落な女の子たち、おちゃめという言葉がぴったりなセツコさんの書き文字。ひとりっ子でひとり遊びが得意だった私にとって、セツコさんの描く女の子たちはお友達同然でした。まねして絵を描いたこともたくさん。

2019年とちぎ蔵の街美術館で行われた展覧会にて。『おちゃめなふたご』シリーズの原画。この表紙、大好き!


今回は『セツコの部屋』を題したトークイベントがあり、ドキドキする気持ちを抑えて参加してきました。

 


仕事終わりで開始ギリギリの時間に駆け込むと、入り口にセツコ先生が。パールのついた黒いベレー帽、白いフリルの襟、エプロンには小さなミモザのコサージュ。赤いマニキュアの手をひらひらとさせながら「いらっしゃい」と明るく声をかけてくださるお姿に、涙がこみ上げてしまいました。

セツコ先生はミモザがお好きなのだそう。若かりし頃、初めて行ったパリでミモザの花束を購入した思い出があるそうです。(現在84歳の先生、いつ頃のことなのでしょう……!)街ゆく女の子たちはお洒落というよりナチュラルな雰囲気、むしろご年配の女性達がマントにお洒落なステッキで颯爽と歩いていたのがかっこよかった!というエピソードをお話してくださいました。

お部屋には先生の作品とともにミモザが飾られていました。


トークのゲストとして、漫画家の辛酸なめ子さんがいらしていました。街で見かけた面白い人、不思議な石の売り込みをされた話、会場だった池袋の街の移り変わり。日常の中にあるクスッとなる出来事を、お二人かわるがわる思いつくままに。毎日をちょっぴり面白がって過ごすことが元気の秘訣なのかしら。お話を聞いていると自然とこちらも笑顔になってしまいます。

「お気に入りのカフェをいくつか、そうね、3つくらい自分に持っておくといいわね。気分転換は大事ですよ」
 

田村セツコ『孤独ぎらいのひとり好き』2020年、興陽館


セツコ先生はエッセイもたくさん書いています。子どもの頃、私は『いちご新聞』に連載されていた『HAPPYおばさんのおしゃればなし』を楽しみにしていました。「言葉や出来事などをパクパク食べて栄養にする」と綴るセツコさん(『おちゃめ力宣言します!』2020年、河出書房新社より)。
近年は、ひとり時間の過ごし方について書かれることも増えました。

 例えば、仲のよかった友達が先に死んでしまったときなんて、ストーリーで考えると、残されたほうが悲しいんだけど、モーメントでね、瞬間で捉えるの。
「すごくたのしいときもあった、あんなこともあった、こんなこともあった、良かったね」って、いいとこ取りで、それを覚えていればいい。
 今、生きているか生きていないかは、まあ成り行きだから。モーメント、瞬間で捉えるっていうのがコツみたいよ。
 思い出を懐かしむっていうありきたりのことじゃなくて、その思い出を現役で捉えるっていうのかな。
『孤独ぎらいのひとり好き』2020年、興陽館より)
こちらも2019年栃木での展示にて。まだまだ創作意欲が止まらないセツコ先生です。


トーク終了後、先生とお話できるチャンスがありました。家から持ってきた私の『若草物語』をお見せすると「あら!」と先生。

「子どもの頃から大好きだったんです」
「まあセンスがいいこと!♪」

新しく購入した本にゆっくり丁寧にイラストを描いてくださるセツコ先生。「お名前は?」と聞いてくださり、「ゆう」の“y”まで書いたところでふと、「あ、敢えてこうしちゃおう♪」と“you”と書いてくださいました。ふふふ、と茶目っ気たっぷりに笑って。

さらには「そっちにも書きましょうね」と、持参した『若草物語』にも可愛いサインを書いてくださいました。なんとなんと……。一人一人に、ゆっくり時間を使って、しっかりと出会ってくださる田村セツコさん。優しさを惜しまず、最後には参加者全員にチューリップをくださいました。

 


ちいさな身体からあふれる優しさと元気。短い時間のあいだに、たくさんのものを受け取った気がします。とてもとても幸せな気持ちで家路につきました。元気でいよう。楽しくいよう。生きているって素晴らしい!

一緒に写真も撮っていただきました。大切にします。


本日2/23(水)~28(月)は、池袋東武6階1番地アートギャラリーで「『あなたにあえてよかった』出版記念 田村セツコ絵画展」が開催されるそうです。こちらも楽しみ!行ってみたいと思います。

それでは、よい1日を。