きっとこういう気持ちになっている方多いのかも・・・

年齢問わず、この頃不安や心が安定しないとか、自分を追い詰めすぎてしまう傾向にありませんか?先頃の自殺者の増加の傾向は見過ごせません。

コロナ禍、お花や植物は癒しの一つ。

私含めてですが、以前のような心の状態とはやっぱり違います。自分自身と対峙する時間が増えて、良い面もありますが、悩み出すとキリがない・・・負のスパイラルにどっぷりハマりがちです。

余儀なく生活環境を変えることだったり、先の見えない状況に将来への不安、分断による意見の不一致。そして更年期に入る世代にとっては心の負担はさらに深いもの。

心理カウンセラー下園壮太氏の著書「とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?」は私の知人のライターがモデルとなった本。確かにその時彼女が大変そうだったのは知っていて、出版されたと聞いて手に取ってみましたが、「あれあれ、まさかこれ私のこと?」と、他人事に思っていたことが、知らぬうちにプチうつ症候群だったことを思い知らされました。

2時間もあれば読み終えてしまえるわかりやすさが良い。この時代、決して特別なことではない、誰にも当てはまるあるあるお悩みにフォーカス。

症状の度合いは人それぞれですが、実は私の周りでも「うつ」の症状から抜け出せなくなった友人知人が急増。とにかく話を聞いてあげることしかできなかったのですが、この本を渡して、なんとなく心の整理がついた人が多いんです。

うつで波錠するのはメンタルが相当強い人

これ聞いてどう思いますか?それって逆ですよね?と言いたいところですが、この本で言うと「子どもの心を」持った人のことを指します。純粋無垢という意味ではありません。大人は子供に教育するときに頑張ることを教えます。「我慢強い・忍耐強い、大人が植え付けた“人間はこうあるべき”、昭和の時代にあった価値観、硬い心はポキンと折れる」そう、私たちの世代であれば、歯を食いしばって頑張る・闘うことが当たり前で、こういうのを「子どもの心」とここでは言っています。

一方「大人の心」は「柔らかで、しなやかに生き抜く術を知ってる人」だそう。「柔軟な心、一つの考えにしがみつかない、自分の心に理解が深い、いつでも自分の味方」言葉にすると明確でカンタンですが、一度ポッキリ折れた心をこの状態に戻すには、それなりのメンテナンスが必要です。

この不安定な状況下で私が頼っていたのが、友人でもあり、スタイリストとしてもお世話になっていた鈴木えりこさん。ヒーラーセラピストでもあり、私の心の状態を見て、言われたことが「自分の置かれた状況を少し遠くから眺めてあげる」「誰かがじゃなくて、全て自分の身に起こることは自分が引き寄せたことだとわかると、自分で解決できるようになる。」「自分の身体の中心に意識を据えて、つねに自分自身から外に出ないイメージを習慣にする」ということを教えていただきました。

この本はそれに共通するところもあり、具体例をあげながらわかりやすく解いてくれるので、私のような悩みを抱えてる人は腑に落ちるヒントがたくさん。

それについては、ぜひ著書を読んでいただきたいのですが、双方を踏まえ日々の生活において意識してることは「8時間の睡眠時間」と「深呼吸・瞑想」。深呼吸は1日3回くらいに分けて1分程度、煮詰まったときに少し休憩をとってやってみるとか、就寝前にも良いようです。

あと、絶対にやってはいけないこと、これ私がついついやっていたことですが(苦笑)、お酒で気晴らしは心の状態が良くない時にはお勧めできないことだそう。まず深い眠りにつけないことや、さらに鬱を誘発させる原因にも。

プチうつが進行してる方は思い切って舵の切り直し(長期間の休暇・最低でも3ヶ月)が必要になりますが、これからの人生を考えたら、遠回りのように思えても、案外その方が近道だったりします。

時代は次のフェーズに突入し、物質的な豊かさより自分自身が豊かで健康な心を持つことだと、この頃少しずつですが気付き始めたところです。

■角張った心を溶かしてくれる愛用中のリラックスアイテム

ご紹介させていただいた鈴木(尾嶝)えりこさんが発信するオンラインストア「FUCANE」の商品はどれもお気に入りのもの。ストレスフルな生活の方にはお勧めしたいアイテムがたくさん。 お茶は最高のリラックスタイムを促してくれます。FUCANE/ダージリンティー(左)ムーンライト¥1280 (右)レアマスカテル¥1280 
まるで森林浴。瞑想タイムや深呼吸のときに気持ちを落ち着かさせてくれるエッセンシャルオイルは就寝時間前にも寝室に。FUCANE / きつつき森の研究所 エッセンシャルオイル(トドマツ)¥2200 
実は主人が最近悩んでるのが耳鳴り。これもストレスの一種と言われてますが、お医者さんに勧められたのがヒーリング音楽を聴くこと。このCDがとてもフィットして、リモートワーク中にも心落ち着かせて集中できます。FUCANE / meditation in the shelf by sakanoshita norimasa(CD)
 
以前もご紹介した上妻利弘さんの作品「hole hole」のペンダントは最近お守りのようにつけてます(笑)。ほのかに漂う木の香りと手に触れた時の木の温もりは、一気に緊張感を和らげ癒してくれる私の強い味方。

なかなか前を見ることができないご自身に気づいたら、過去にしがみつかない、闘わない、今の状況を思い切って手放す勇気、自分の心と向き合い「心の断捨離」ぜひやってみてください。