リビングは全面白の壁紙に。グリーンやお花も映えます。

こんにちは。
女子会社員の私が、楽しみながら経験したリノベーションストーリーをお届けしています。

いよいよリノベも大詰め、部屋ごとに壁紙を決めます。
カラフル好きにはたまらない色見本との格闘の日々でした。

 


リビングは白にしなさい


インテリア雑誌で見る海外のおしゃれな部屋の壁紙は、カラフルだったり、個性的な模様だったりします。そんなオシャレな壁紙に憧れていました。

「リビングは白にしなさい。白が一番。カラフルや模様は疲れるわよっ」

私のカラフル壁紙への憧れをバッサリ断ち切るその言葉。
デザインのコンサル業など、幅広い分野で活躍している先輩女性のアドバイスでした。

仕事を通じて知り合った方ですが、いつも実践的でセンスの良い提案をくださる方の意見です。
カラフル壁紙への未練はありましたが、素直に従うことにしました。
どうしてもこの色にしたい!という強いイメージがなかったからです。

太陽の光が降り注ぐ部屋。白い壁と光がマッチして明るい部屋になりました。
白といってもトーンやテクスチャー違いで種類が豊富。 選び甲斐がありました。

住んでみて、確かに白で良かったです。
疲れないどころか、清々しい気分にしてくれるし落ち着きます。

キッチンは寒色でクールにしたい


インテリア雑誌で、パープルの壁紙をあしらったキッチンを見てから、
キッチンは寒色にしようと決めてました。キッチンは譲れません。

パープルから明るいブルーまでの色見本から数枚ピックアップし、
キッチンの壁にあててみる。遠くから見たり、近くで見たり。
光の状況を確認しながら、建築士さん、友人、大工さんまで巻き込んで色決めしました。

みんなで決めたブルーのキッチン。濃いブルーで、クールな印象にしています。 全面ブルーでなく、建築士さんからの提案で2割ほど白の壁紙にし、明るさをプラスしました。 

リノベーションも大詰めとなり、すっかり ”One Team” です。

トイレはゴージャスに!


最後に選んだ壁紙はトイレでした。

トイレ、普段は見えないのだから、思いっきり遊んじゃお!
カラフル好き、本領発揮のタイミングです。ワクワクします。
まず、ボタニカル模様をエンボス加工で表現している壁紙を選びました。

壁紙のアップ。ダマスク柄です。

1色では、普通すぎる。そしてどの色も素敵で選べない。
そうだ、2色使ってインパクトを出しちゃおう。

カラーは、ブルーとイエローの補色コンビネーション。 3色使いたいと言ったら、建築士さんに止められました。

ゲストがトイレに入った時、いいリアクションしてくれるんです!
もう、その瞬間がサイコーです。

My Sweet Home


ついに、私の ”ホムパで人の集う家”  完成です。
このリノベ、4ヶ月ほどでスピーディに仕上げていただきました。

私のイメージが、みるみるカタチになっていく、本当に楽しい時間でした。

大工さん達が、「ここ気持ちいいよね、この現場好き」と、話していたそうです。

気持ちよくお仕事していただいた部屋。
私も、遊びに来る友人達も幸せにしてくれるに違いありません。

まさに、パワースポット!。

この日は豚しゃぶパーティ。ケンカにならないよう、肉は配給制にしました。


リノベのススメ


ヴィンテージマンションで暮らしたい。
その思いだけで、取り組んだこのリノベ。
インテリアコーディネーターでもない私が、雑誌を見て、プロの意見を聞いて、すごくすごく考え、取り組みました。

そして、私、リノベの虜になりました。
本当に楽しかったので、何回でもリノベしたいくらいです(笑)。

中古マンション+リノベで、自分の家を手に入れるということは、
好きな場所にある物件を、比較的お得に購入できるメリットと、
一軒家を建てるように、自分の思い通りの部屋を作っていけるメリットがあると思います。

どんな部屋にしたいか考えるのは楽しいし、お気に入りの部屋での暮らしは最高です。
おうち時間が増えた今、本当に思い切ってよかったと感じています。

このブログを読んでくださったみなさまの中にも、リノベを検討中の方、リノベの先輩がいらっしゃると思います。
リノベのお話を聞かせていただけるとうれしいです。

好きな花を飾る機会も増えました。ビタミンカラーでパワーチャージしています。

リノベのススメ! です。