ミモレ読者にも絶大な人気を誇るニットブランドSLOANE(スローン)。そのスローンにミモレがサイズ/色別注の制作をお願いし、この秋スペシャルなニットが誕生しました。ブランドスタート時よりスローンのニットを長年愛用しているスタイリストの福田麻琴さんが「秋冬に大活躍間違いなし!」と太鼓判を押すこちらのニットは、表地はウール、裏地はコットン素材のダブルフェイス、という組み合わせ。こだわりの詰まった別注ニットのディテールをご紹介します。

暖かくて、立体感のあるフォルム。理想の黒ニットが出来ました

スローン別注ダブルフェイスニット¥33000/mi-mollet STORE  素材:ウール、コットン 色:ブラック サイズ/身幅:50cm、着丈:64cm、袖丈:66.5cm、重さ:約390グラム

スローンで人気の表面がウール、裏面がポリエステルのダブルフェイス(二重編み)ニットを、今シーズンは表面をウール、裏面をコットンに変更し、よりソフトに仕上げた1枚。機械によって編み立てながら表面と裏面を接結したダブルフェイスは、ウールの柔らかさとコットンのハリ感がもたらす絶妙な風合で、縦横の両方向に伸縮性がある立体的なフォルム。サイズは今回、2と3の中間である2.5をスペシャルオーダーさせていただきました。

こだわり①
ウールとコットンのダブルフェイスで真冬も暖かい、立体的なフォルム

表面にウール、裏面にコットンの糸を使ったダブルフェイスのニットは、通常のニットよりも厚みがあり、暖かさも抜群。また着た時に身体のフォルムを拾わない立体感なシルエットも特徴的です。メンズライクなカジュアルさもあり、スウェット感覚で着られるニットです。どちらも国産の糸を使い、手洗いが可能。目が詰まった編み地なので、毛玉になりにくいのもデイリーに着やすいポイントです。

こだわり②
着る人を選ばないセミラグランスリーブ

前見頃のサドルショルダー(ラグランスリーブの一種で、肩に平行して切り替えのあるスリーブのこと。サドルとは人が馬に乗馬する際に用いる馬具)もデザインの特徴です。ラグランスリーブは、肩の線を拾わず、肩幅が広い方も狭い方も程よくなめらかに見える効果も。また、着ると上品に見える、やや詰まったクルーネック具合もポイントです。

こだわり③
サイズは2.5をスペシャルオーダー

ユニセックスのニットブランドであるスローンのサイズ表記は1からスタートします。なかでも女性に人気なのが2と、やや大きめにメンズライクに着る3。今回、特別に身幅は2と3の中間の2.5をオーダー。ピタッとしすぎず、ゆるすぎない絶妙なシルエットです。着丈と袖丈は2のサイズで作っています。

こだわり④
しっかりフィットしてブラウジングしやすいリブ

着ているうちにリブが伸びてしまわないようにと伸縮性が考えられた、スローンこだわりの裾や袖口のリブ。ここがしっかりフィットするのでブラウジングがキレイに決まり、小柄な人でもダボっとすることなく着こなせます。高身長の方はもとより、小柄な方でも袖や丈を調整しやすく、スローンのニットが背丈や体型問わず着られる理由のひとつとなっています。

いかがでしたでしょうか。福田さんのこだわりがぎゅっと詰まったこちらのクルーネックニットは、まさに令和の時代の新ベーシック。上質で飽きのこない、何シーズンもご愛用いただけること間違いなしの1枚です。今後福田麻琴さん、編集部による着比べ隊、そしてスローンを愛用するミモレスタッフによる着用記事も随時アップしていく予定です。ぜひいろいろな着用記事を見比べてご検討いただけると幸いです。

こちらは9月21日(水)23:59までの期間限定商品となります。

※初回販売分が予定枚数に達し、現在追加分を販売中です。追加分につきましても枚数に限りがあり、販売期間内でも予定枚数に達し次第、販売を終了する場合がございます。ご了承くださいませ。

※初掲時、記事中のサイズ表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

撮影/草間和博(TENT)
構成・文/朏亜希子(編集部)