9月1日にミモレストアにて発売になった、これからの季節に欠かせないニット。今回タッグを組んだのはミモレでもファンが多い「SLOANE(スローン)」。定番アイテムのダブルフェイスニットを、糸やサイズ感を変えてミモレのためだけの特別仕様で作ってもらいました。そのニットを着るのはファッションエディターの松井陽子さん。ご自身の連載で取材に訪れるほど、「スローン」のものづくりに信頼を寄せ、ブランドが誕生した当初からニットやカットソーを愛用しているという松井さんが、別注ニットの魅力をコーディネートとともに紐解きます。

ウール×コットンのダブルフェイスだからこそ、毎日着ていたい心地よさ。

 

「すっごく贅沢な話だけれど、家で過ごす時間はいつもこのニットを着ていたい。そう思ってしまうくらい着心地がいい。ウールとコットンのダブルフェイスだから、素肌に触れても気持ちがいいし、あたたかくて。だいぶ冬が深まるまで、このニット一枚で過ごせそうです。

一見、スローンらしいプレーンのニットですが、着る人をきれいに見せてくれるこだわりが細部まで行き届いています。たとえばドルマンスリーブになった肩のライン。私自身は肩が“しっかり”あるほうなので、強調されて見えるセットインが少し苦手。でもドルマンスリーブなら私の肩も、そして反対になで肩もちょうどよく見せてくれます。そして裾のリブがしっかり取られているので、ブラウジングしてもきれいに決まります」

スローン別注ダブルフェイスニット ¥33000/mi-mollet STORE デニム/リーバイス501(ヴィンテージ) ブーツ/メゾン マルジェラ バングル/エルメス ストーンリング/ボロロ

パッと着るだけできれいに決まるニットなので、ひとつめのコーディネートは潔くシンプルにデニムを合わせたスタイル。

「このニット、首元のデザイン、生地の厚みなど、着たときの感覚としてはスウェットに近いんだけど、でも見た目はウールらしい上品さがあって、シンプルにデニムと合わせてもラフになりすぎません。まさにニットとスウェットのいいとこ取りな一枚ですね。ニットの発色がはっきりと“黒”なので、ライトなブルーデニムを合わせ、足元も柔らかなキャメルのブーツにしました」

カジュアルもきれいめもコーデ次第で変幻自在に

スローン別注ダブルフェイスニット ¥33000/mi-mollet STORE スカート/デミリー サングラス/EVA MASAKI ネックレス/ラリカ バッグ&シューズ/トッズ

そしてもうひとつ提案してくれたのは、同じく黒のタイトなリブニットスカートを合わせた、セットアップ風の着こなし。

「ミモレ別注のニットのサイズは2.5なんだそう。スローンを着たことがある方ならわかると思うのですが、いわゆる普通サイズの『2』とオーバーサイズの『3』の中間という、本当に絶妙なゆとりのあるサイズ感。だからこそボトムをタイトなものにしても窮屈な印象になりません。トップスは裾のリブでブラウジングされるため、直線的ではなく、緩急のあるシルエットになるのも、タイトスカートが合わせやすい理由のひとつだと思います。

上下ともにマットなニット素材なので、靴とバッグはツヤのあるゴールドのスタッズや金具が効いたレザー小物に。ポイントになる一粒バロックパールのネックレスも合わせました。ひとつめのコーディネートと同じニットですが、オールブラックのセットアップ風に、かっちりとした小物を合わせることで、ぐっとよそ行きな雰囲気になってくれます。それはスローンのニットが持つ、カジュアルな中にも感じさせる品のよさ、上質な素材、たしかな作りだからこそなせる技なんですよね」

こちらは9月21日(水)23:59までの期間限定商品となります。

※初回販売分が予定枚数に達し、現在追加分を販売中です。追加分につきましても枚数に限りがあり、販売期間内でも予定枚数に達し次第、販売を終了する場合がございます。ご了承くださいませ。

撮影/目黒智子
ヘア&メイク/榎田茉季(ROI)
構成・文/幸山梨奈