おはようございます。

3連休は、雨のスタートとなった地方が多いようですね。台風も近づいてきているみたい。福原美和子さんのブログを参考に、いざという時に備えたいと思います。

さて、私が柔道をしていた高校生のころ、連休といえば合宿ばかりでした。土日も連休も柔道ばかり、1年で362日くらい練習をしていたなあ。

高校3年生のときに参加した全日本のジュニア合宿です。福岡で開催された合宿だったかな? 前列一番右が私、一番左は、以前のブログでご紹介した鍛冶宏美さんです。

他県にある私立の高校に進学した私は、柔道部の女子寮(と言っても6畳ほどの部屋が3つあるプレハブ住宅)に住んでいました。

この寮、ちょっとした特徴がありまして。

タイトルを読んでお気づきの方もいらっしゃると思います。はい、テレビがなかったのです。

各部屋へのテレビ持ち込みも禁止だったので、3年間ほとんどテレビを観ない生活を送りました。

当時人気だったテレビドラマを調べてみたら、『最高の片思い』(フジテレビ)や『未成年』(TBS)がありました。もちろん、まったく知りません。一世を風靡した『ロングバケーション』は知っています! 「セナー!」「カーンチ!」のやつですよね?(違う)。

練習ばかりで、テレビを観てくつろぐヒマはありませんでしたし(例えば、土日の午後寮にいたのは3年間で1日だけでした!)、それほどテレビっ子ではなかったので特に不自由を感じたことはありませんでしたが、10代というお年頃、ちょっとは夜更かししたくなるものです。

私は家から持参したCDラジカセ(時代ですねぇ)を活用し、ひとり時間は音楽鑑賞とラジオ聴取に精を出していました。

よく聴いていたのは、中学生のころ好きになったQUEENとBON JOVIのCDや、TOKYO FM・赤坂康彦さんの『ミリオンナイツ』、『広末涼子のがんばらナイト』!

きっとミモレ読者の皆さんの中にも、青春時代にラジオを聴いていた方がいらっしゃいますよね。 写真/Unsplash

そしてある日、ふと思い立ちNHKラジオ『英会話』を聴いてみました。

ドラマ仕立てで構成される内容が面白いし、講師の大杉正明先生の声がなんだかすてき。フレーズも簡単だから、私にもできそう!

そう感じてすっかりハマった私は、毎回の講義をカセットテープに録音して、ポータブルのカセットプレーヤーで空き時間に『英会話』を聴き続けました。学校の行き帰りの自転車、合宿の休憩時間、授業の合い間……。

「シャドーイング」や「ディクテーション」という練習方法があることも知り、寮でひたすらブツブツ唱える日々を送っていた、ある日。

いつものように朝起きて、思ったのです。

私、英語で夢を見た!

今となっては、詳しい夢の内容は覚えていません。たぶん、なんてことのない日常生活の夢だったのだと思います。話している相手も日本人でした。

「英会話を学んでいると、英語で夢をみるようになる」「英語で夢をみるのは、英語脳になってきた証拠」

などと聞いたことがありますが、当時の私はすこしだけ「英語脳」になっていたのでしょうか。

何気なく始めたNHKラジオ『英会話』の聴取でしたが、高校3年生になって初めての海外遠征に出かけたとき、とてもとても役立ちました。

高校3年生、始めての海外遠征で撮った写真です。ベルギーの同じ階級の女の子と仲良くなり、Tシャツを交換。社会人になってから、彼女のお家へ泊りにも行きました。

そのお話は、また次の機会にお話できればと思います。

では、すてきな連休をお過ごしください!