みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか。

サザンカが咲き出しました。

 

 昨日、「ミモレ編集室」で、ある友達がクリスマスの素敵なプロジェクトを紹介していました。その名も「ブックサンタ2022」。
簡単に言えば、「自分が選んで購入した本が、様々な事情で困難な環境にいる全国の子どもたちにプレゼントされる」仕組みです。詳しくはこちらのウェブサイトをご覧になってくださいね。

マンサクも咲いている。早ーい!


わー、これはいい、私もやりたい!
プレゼントできる本の決まりなど、注意書きを読んで、協力書店に行って本を購入してきました。私のお目当ての本は出向いた書店にはなかったので、取り寄せてもらうことに。
取り寄せの場合は、届いた時点でもう一度書店にお金を払いに行かないといけないのですが、本屋さんは大好きなので問題なし。
あ、でも、直接書店に出向かなくても大丈夫。オンライン書店で申し込んだり、クラウドファンディングしたり、全部で5通りの参加方法がありました。


つねづね、「サンタさん」は誰かの愛情や善意の表れで、どんな姿をしていてもいいのだと思っています。その誰か本人が直接愛情を届けられなくても、誰かの愛情をリレーするのは、親やおじいちゃん、おばあちゃんでもいいし、郵便局やクロネコの配達員さんでもいいと思う。
どこかで誰かが自分のことを気にかけてくれた、そんな気持ちを、本を受け取った子が感じてくれたら嬉しい。
そこまで深く考えなくても、かつて私が楽しく読んだ本を、誰かが読んでくれたら十分。

「ブックサンタ2022」を教えてくれた友達は、お子さんと一緒に本屋さんに行って選ぶそうです。
それはナイス・アイデア、きっと間違いなしですね。お子さんも参加できますし。

だんだん冬空の日が多くなってきました。


そう言えば、中国語の“I love you.”は、有名な「我爱你」の他に、「(我)在乎你」があります(「ザイフニィ」と読みます)。「在乎」は「気にかけている、気になる」っていう意味なんです。
「あなたのことが気になります」って、「愛しています」よりしっくりくるんですけれど、どうでしょう。


ではまた土曜日に!