こんにちは!

ブログで何度か取り上げている山種美術館。
今回は、「日本画の教科書 京都編」を観に行ってきました。

明治以降の日本画の進化が、京都と東京の二回に分けて紹介されています。
私の好きな奥村土牛は東京編なので、そちらだけでもいいかなぁとも思ったのですが・・
新年限定の和菓子に惹かれて、フラフラと(笑)

 

上村松園の「牡丹雪」。
こちらだけ写真撮影が可能でした!
最近、写真の撮れる美術館も増えていますが、山種で撮るのは初めてでした。
他に撮影されている方がいなかったので、ちょっとドキドキしながら撮りました(汗)

でも今回一番長く鑑賞したのは、息子さんの上村松篁(しょうこう)でした。

 

「白孔雀」本当に美しい絵でした。
遠目だと、孔雀の体がふわっとした光で包まれているのが幻想的で。
近づくと顔の部分に淡いピンクとブルーが使われていてうっとり。
近づいたり離れたりしながら、何度も観ていました。 

山口華楊の「木精 こだま」。
ちょっと不思議な絵ですが、みみずくの表情がとても愛らしく見えました^^

あと、村上華岳(かがく)の「裸婦図」という絵がありまして。
よく男の人はぽっちゃりが好きと言いますが、それってどれくらい?え?深キョンをぽっちゃりとか言わないよね!?おいおい!みたいな議論がありますが・・(ない!?笑)
この絵を見ていると男性の理想のぽっちゃりってこんな感じかなぁと。
この日、難しい顔をしてこの絵を観ていた人がいたら、それは私です(苦笑)

 

こちらが、新年限定の練り切り「めで鯛」!
竹内栖鳳が、12ヶ月を一枚づつ描いた色紙の中。その中の1月の鯛がモチーフです。 
中はこしあんで、ほんの少しだけ入った杏がアクセントになっていました♪

 

次回は、2月16日からの東京編!
とても楽しみです。

それでは、また!