こんにちは! いつもお悩み相談のlifeコーナーの原稿を担当させていただいております、ライターの山本奈緒子です。

今回は、初となるパパの視点からご回答いただける方の登場です。通称は「たいきのパパ」さん。昨年8月に一児のパパとなり、「いいパパであるには、まずいい夫でなければ」という視点から綴ったTwitterが大変話題の方です。既にフォローしているmi-mollet読者もたくさんいらっしゃいます!

そんな「たいきのパパ」さんは、現在39歳。「人のキャリアに向き合う仕事がしたい」と人材派遣会社に入社。キャリアコンサルタントとして通算9年、活躍されました。中でもとくに力を入れていたのが主婦へのキャリア支援。かつて働いていた主婦で、子育てが落ち着いたのを機に仕事復帰したい、という人たちの就職相談、果ては人生相談にまで数えきれないほど乗ってきた、という実績があります。その後はユニデンホールディングスの人事部長、学習塾の採用責任者と、人事畑を専門に歩いてこられ、現在は某ベンチャー企業で、新規事業の立ち上げサポートをおこなっています。まさに、“相談に乗るプロ”ともいえる経歴の持ち主です!

プライベートでは、結婚3年目。昨年8月に男の子のパパとなりました。奥さんもフルタイム勤務だそうで、夫婦で家事・育児を話し合って完全分担しているとのこと。ちなみに詳細は……『朝食食べない。夕食めいめい。掃除二人で。洗濯ママ。朝の離乳食パパ。登園準備パパ。ごみ捨てパパ。送りパパ。お迎えママ。夜の離乳食半半、風呂パパ。寝付けパパ。夜泣パパ。夜間授乳ママ(ミルク検討中)。食器洗半半。アメニティ等ストック管理ママ。土日飯半半。』(Twitterより引用)

……と、奥様はもちろん、多くの働く女性、そして働きたい女性たちの本音と向き合ってこられた「たいきのパパ」さんに、mi-mollet読者の夫に関する悩みを相談してみました! 「あくまで個人の見解ですが……」との前置きで、男性視点から分析したり、女性なら思いつかない操縦法を提案してくれたりしました! 「彼を知り己を知れば百戦殆うからず(=敵の実力と自分の能力をしっかり把握しておけば、何度戦っても負けることはないという意味)」というわけではありませんが、夫を上手く操縦したいなら、やはり男心を知っておくのが必須。その助けになってくれる回答だと思いますので、ぜひご一読ください!

 
  • 1
  • 2