チョコワさんからの質問
Q.
夫が発達障害かもしれないのですが、
その場合、どう付き合ったらいいのでしょう?

夫が発達障害かもしれません。現在通っている精神科医によると「診断はくだせないが、何かしら問題がある。」とのことで、カウンセリングを受けに通院中です。過去に女性問題を起こしただけでなく、対人関係でもトラブルを起こし、孤立無縁です。人とコミュニケーションがきちんと取れず、精神的に窮地に陥ると、車の運転中でも仕事中でも、とにかく不適切な場面で寝てしまいます。本人曰く、寝ることで現実から逃げられると。普段はおとなしく、いわゆるエリートなのですが、上記のような状況のとき、無理に起こしたり咎めたりすると逆上して暴言・暴力をふるいます。そういったことが積もりに積もり、一年程前どうにもならない状況になり、本人も通院を決意した次第です。私の両親からも離婚を考えればと言われていますが、私は体も弱く、非現実的だと思います。こういった夫とどのように付き合っていくべきか、アドバイスをお願いいたします。(43歳)

特別ゲスト 齊藤勇先生の回答
A.
発達障害ではなく
ただキレやすい性格と受け止め、
対処療法を取られてください。

発達障害というのは、実は心理学的にも完全には解明されていないのですよ。もともとは子供の障害として名付けられたもので、それが次第に大人にも当てはめられるようになったものです。それが浸透し、今ではちょっとしたことで怒ったり、対人関係がヘタだったりという人がいると、すぐに「発達障害ではないか」と見る風潮があります。が、チョコワさんの夫は何とか会社勤めができているのですよね。ただ上手くいかないことがあるとキレる……。こんな言い方をしては何ですが、この程度の問題がある人は世の中にはたくさんいます。それを私たちは発達障害ではないかと考え、治すことを目指しますが、単なる性格の問題の場合が多いですから、正直治るケースは少ないのが実情です。精神科での治療は「うまくいけば……」くらいに考えて、あまり期待されすぎないほうが良いかと思います。

少し説明が長くなってしまいましたが、夫はエリートで、現在チョコワさんの家庭は経済的には問題ないのですよね。だから離婚はしたくない、とのこと。私はこれまで多くの夫婦をカウンセリングしてきましたが、24時間穏やかな精神状態でいられる夫婦なんてまずいないものです。チョコワさんは体が弱く自立に不安があるとのことですから、私も離婚はされないほうが賢明だと思います。ですから、「夫はこういう性格だ」と認識して付き合っていかれたほうが良いかと思います。本人も治そうと通院を決意するなど救いがありますし、ここは一つ、「発達障害ではないか」と必要以上に深刻に捉えず、「ただ単にキレやすい性格だ」ぐらいに割り切られてください。

とはいえ、キレたときは大変ですよね。暴力を振るうこともある、とのことですから、自分の身を守ることもしなければなりません。そこでやっていただきたいのが、“逃げる”ことです。別の部屋に行く、あるいは外に出るなど、夫がキレたらとにかくその場からいなくなることです。それが一番。

人の感情というのは、喜怒哀楽のどれにおいても、ずっと同じ感情が続くことはありません。とくに怒りは、比較的すぐ治まりやすい。カウンセリングでは、怒りそうになったら10数えなさい、というアドバイスもされているのですが、そうすると実際に暴力行為が減るのです。ですからチョコワさんも、対処療法でかわしていかれるのが賢明かと思います。突然寝るというのも、病気によるものでないなら、寝さしておけばいいでしょう。あまり、治してもらおうと神経を尖らせすぎず、自分の身を守ることに専念されてほしいと思います。

いかがですか?
齊藤先生の回答、ぜひご参考になさってください。
齊藤先生の回答一覧を見る

PROFILE