冬一番辛いのは足腰から感じる冷え(これは冷房中毒の夏場も注意したい話ですが)。

よく「首」とつく箇所は温めた方が良いといいますが、確かに手袋や首もとにストール一つあると寒さの感じ方も随分変わり、足首の冷えは代謝を悪くする原因の一つだとよく聞きます。そして「腰」は何と言っても体の要。ここの冷えや痛みは、私の大きな悩みの一つです。

そんな40過ぎての温活、真剣に取り組んでいきたい今日この頃。

数年前、友人である得田由美子さんがデリケートゾーン専門美容「ビュビケアサロン白金台」を立ち上げたことを聞き、女性特有の体の悩みなども色々相談。プチ更年期世代に入るこれから、より快適に前向きに取り組んでいけるようなアクションを・・・と今思案中です。

最近やっと日本でも定着したデリケートゾーンに特化したサロンですが、妊活の方や生理痛など様々な悩みにアプローチした幅広いケアが特徴。その他にもコスメから食品に至るまで女性特有の悩みを多角的に取り組んでいます。ピュビケアサロン白金台 TEL:03-6450-3434

その中で、女性の一番の悩みでもある「冷え」をどう解消すべきか?彼女のアドバイスのもと、私が愛用中のおすすめアイテムをご紹介。

 

■遠赤外線でエコ温活

まず手に取ったのは、スーパーファーベストという遠赤外線放射セラミックを練り込んだ糸を使用した「まろやかパンツ」と「ツルふわかかかとソックス」。自分自身の体温をを輻射しながら温める、エコロジカル保温アイテムです。

まろやかパンツは柔らかくほっこりした温かさ。生理痛の重たい私にはかなり重宝しているアイテム。ソックスはビューティーディレクターの早坂香須子さんもインスタでおすすめしていたアイテム!まろやかパンツ¥5000(税別) つるふわかかとソックス¥5,000(税別・スタッズ付き)

ショーツは締め付けが全くなく、ナイトパンツとして黒ずみ対策、お尻全体も温めるので、ヒップのセルライトケアにも。特に生理痛に悩まされる方は生理前に腹部を温めることによってPMS(月経前症候群)や生理痛緩和にも働きかけてくれます。

ソックスは婦人科系のケアとしても重要と言われる足首を温めつつ、かかとの角質ケアにも最適な一枚。代謝が悪くなると肌の乾燥や荒れを引き起こし、何よりも保温保湿が不可欠。また保湿クリームを塗って履くと、より効果的に働きかけてくれます。ヨガアウトドアスポーツ時にも最適。

  •       

■オイルマッサージでポカポカ。デイリーケア

「ピュビケア デリケート マッサージオイル」はフードグレードのACO認定オーガニック商品。

全身使用はもちろん、経皮吸収の高い繊細なデリケートゾーンにも安心して使えるオイルです。ジンジャーのアロマで体を温めつつ血流循環を促し、内からポカポカ温めてくれます。また、ラベンダーやオレンジの精油で自律神経バランスを整える効果も期待できます。生理痛の緩和にも働きかけ、骨盤底筋から腹部のマッサージに効果的。

  •    ■ 下着選び
  •  

下着選びは冷えを解消するのに重要な役割。ゴムがきつい、締め付ける下着は血行促進を悪くするので冷えの原因にもなりかねません。AROMATIQUE | CASUCAのインナーはゴムを使用せず、ボンディングを用いいているので、程よいホールド感。加えてフィルスコッチャの綿は夏場汗かいても速乾性があり、冬は暖かく保温機能を高めてくれる優れもの。これからの季節にも重宝するインナーです。

赤という色も血行促進に働きかけると言われている色でダブル効果。ハイウエストショーツはしっかりお腹周りをサポートしてくれます。シェルフロント ショート ¥15,000(税別) ハイウエストショーツ ¥9,000(税別)

他にもヨガやストレッチ、入浴など日々のケアで冷えは改善できます。反対に怠った時の代償も高いお年頃。これからのシーズンしっかりと寒さ対策を考え、日々の温活のご参考に。