2018.1.3

ベストコスメ2017【肌と心を支えてくれたスキンケア】 byバタやん

あけましておめでとうございます! いつもお読みいただき、温かいコメントをありがとうございます。今年も張り切ってまいります。

今年最初の「お助けコスメ」は、年末のメイクアイテム編に続き、“私的ベストコスメ”スキンケア編をお届けします。2017年に発売になったアイテムの中から、特に“肌の調子が良くないときを救ってくれたベストメンバー”をご紹介したいと思います。
 

オイル美容入門アイテム

洗顔後、ロクシタンの一滴で
ゴワゴワ肌をゆるめる

ロクシタンの名品「イモーテル」シリーズのブースター系オイル。ロクシタン イモーテル ディヴァインインテンシヴオイル ¥12000

「ものすごく肌が乾燥しているときはオイルを最初に使うと良い」と美容エディター・松本千登世さんがおっしゃっていました。まわりでも最近オイルを使い始めたという同世代のスタッフが多数……。私も遅まきながら昨年“オイル美容デビュー”いたしました。

オイルにはタイプが2種類あって、こってりしたトロトロタイプと、サラサラタイプ。ロクシタンは初心者でもトライしやすいサラサラ系です。

朝は洗顔後すぐ首筋〜鎖骨くらいまでのばしてマッサージしてから化粧水を。潤いも肌ツヤもアップ♡

すっかりオイルの威力にハマった私。昨日の青木さんのコラムでも掲載されていたジュリークのグレイスフル ビューティー ファーミングオイル(こちらはトロトロ系)を、お風呂の中のマッサージ用として使っています。
 

リフトアップクリームの最高峰

“美しさは自分のためならず”⁉
ポジティブ印象を作るB.Aのクリーム

VOCEはじめエクラ、Marisol、GLOWなどなど、今年各誌のベストコスメを総ナメにした逸品。高いだけのことはありマス!! B.A V リゾネイティッククリーム ¥58000/ポーラ

ほうれい線、目の下の落ち込み、フェイスラインのたるみ……それらを解消したいのは自分のエゴ? 不摂生のツケ? 

いえ、一緒にいる人を幸せにし、前向きな気持ちにすること、外見のキープは大切な社会性のひとつ。“人を心地よくする顔”をポーラが徹底的に研究したというそのコンセプトがまず素晴らしい。

独創的なデザインで一度見たら忘れない。ユラユラ揺れるタケコプターみたいな形をしたスパチュラがついているんですが、どこかにいってしまいました(汗)。こっくりとした官能的なテクスチャーもやみつきになります。

ポーラは今年、画期的なシワ改善アイテム、リンクルショット メディカル セラム(医薬部外品)も話題に。しかも今年1月1日から価格を改定し、15000円から13500円に値下げしたですよ! すごい。エライ。狙っていた方は今こそぜひ。
 

2017年は“アイケア”豊作年

目まわりの複合悩みに
エスティ ローダーのナイトリペアを

目ヂカラの衰えに活力を与えてくれるアイケア。エスティ ローダー アドバンス ナイト リペア アイ コンセントレイト ¥9000

今年はシワ改善アイテムが豊作な年でした。先ほど挙げたポーラのリンクルショットともに、資生堂 エリクシール シュペリエル エンリッチド クリーム S(医薬部外品・5800円)も出荷1ヶ月で68万個を突破する大ヒットを記録。

「シワを改善する」と言い切れる有効性が証明されていること(いままでは改善とは言えず「リンクルケア」とか「シワ対策」などと表現していたわけです)が画期的です。

「アイケアって値段のわりにあんまり効果ないよね」と思っていた人ほど、今年は新作をぜひ。この1年の進化に驚かされるはずです。

あ、前置きが長くなりました。ただいま2本目に突入するくらい愛用しているのは、エスティ ローダーのアドバンス ナイト リペア アイ コンセントレイトです。

なんとなく目に力がない……そう感じる朝が多くなりました。目の下のたるみ、まぶたのゆるみ、くすみ、目尻の小ジワ……目まわりの悩みは複合的です。エスティのこのアイテムは、塗った瞬間からふっくら。朝メイク前でも、日中メイクの上からでも使えます。

上記のポーラと資生堂がシワに特化し、”使い続けるほど力を発揮する長距離選手”とすれば、エスティは”マルチに瞬発力を発揮する体操選手”。今日の目ヂカラをどうにか復活させたいときに即効性を発揮してくれます。
 

クレンジングの快感に開眼

落とすほど調子が上がる
YSLのクレンジグングバーム

バーム状のテクスチャーは、肌にのばした瞬間オイルに変化。しっかりメイクもほどけるように溶け出してするりと落ちます。イヴ・サンローランボーテ トップ シークレット クレンジング バーム ¥5800

 「肌がごわついている」「化粧水や美容液を塗っても入っていかない感じがする」、そんな時はまず“落とすアイテム”を変えたほうがいい、とよく言われます。角質を除去し、落としすぎを防ぐ、落とすもの変わると肌の変化がわかりやすいこともありますし、メイクオフはアイテムによってお手入れ方法が全く違うので、毎日のルーティンに変化が出る、というのが大きい気がします。

いつもメイクオフはリキッドかオイルを使っていたのですが、メイクオフって、スキンケアの中で一番億劫な作業でした。このクレンジングバームを使うようになってから、メイクを落とすのが楽しみに♡

表面を削ると、積もりたての粉雪みたいなキュキュッとする感触。肌にのせるとトロトロオイルに変化。高級感のある香りもうっとり。落とす快感をたっぷり堪能してください。

 

頭皮もスキンケアを

ダヴィネスのスカルプローションで
ふかふか頭皮を保つ

度々このコーナーで取り上げている通り、私、ヘアケアには並々ならぬ研究心を抱いております(笑)。昨年1番の気づきとしては、髪の毛の自然な立ち上がりは、頭皮自体を柔らかく保っておくことが重要。頭皮マッサージをしておくことで、ヘアスタイリング時間をかなり短縮できます。

こちらのスカルプローションは、ベタつかないので毛の根元がペタンコになる心配がなく、朝も夜も使えます。

ジュエリーを纏う香水
ティファニーらしい香りで
コーディネートの仕上げを

ティファニーのアイコニックなダイヤモンドカットが気分を盛り上げてくれます。ティファニー オードパルファム ¥8500

いつもユニセックスな小ざっぱりとした格好ばかりしている私ですが、実は毎日、香りはフェミニンなものをつけています。スマホの画面からお伝えできず残念です、、、(笑)。

嫌いという人は誰もいないであろうパーフェクトな好感度がありながら、若い子の“モテ”とは一線を画す気品と知性。親しみやすさと憧れ感を併せ持つ、まさにティファニーのジュエリーのようなフレグランスが発売に。

初対面の人とのミーティングの日に、気分をあげたい撮影の日に、緊張感のあるインタビューの日に、と何度支えてくれたかわかりません。

 

今年はどんなアイテムが話題になり、そして変化の激しい環境から私たちを救ってくれるのでしょう。今年もたくさん使って試して、誠実に、率直に、レポートしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

川端 里恵

「with」「VOCE」「FRaU」では主に美容ページを担当。とくに香水とヘアの企画が好きで、香りものとヘアケア&スタイリング剤のつねに新しいものをチェック。白肌&敏感肌タイプのため、ベースメイクとスキンケアはあまり浮気せず保守的。ネクストパートナーを探しています。

これまで紹介したコスメ一覧を見る