全力疾走だった11月12月の仕事を、なんとかこなし、ヨーロッパへ。

年末のわずかな休み、年明けのイベントに向けての買い付けも兼ねて、年末大掃除も終わらないまま家を出ました。

今年2回目の欧州ですが、今回は夫は日本、パリで友人と一緒です。

 

旅の準備で一番楽しいのは、旅に道連れする文具や雑貨を選ぶ作業。今回選抜された(大げさ)アイテム、せっかくなので何回かに分けてご紹介させてくださいませ。

 

まずまず、今回の道連れ万年筆!!

(とにかく文具の中で、紙と万年筆が好きすぎて、、マニアックでごめんなさい)

左から、、

 

ペリカン万年筆のトレド

同じくペリカンクラシックM200

プロデュース万年筆レコルト

ファーバーカステル万年筆 伯爵コレクション ギロシェ

 

そんなに持っていってどうするのと思うかもしれませんが、、

これらは、書くためだけでなく、ホテルのライティングデスクで撮影するのが目的。

そう、我が愛する万年筆たちを、激写するのです。(これ、私の旅に出た時の趣味です)

 

そのためにちょっとかさばる一眼レフも毎回持って行きます。

 

 

 

 

早くも、先ほど羽田空港のJALラウンジ内にある書斎コーナーで、撮影。

ヴィンテージなタイプライターが、また万年筆とよく合う。

 

 

 

うふふ、これはスマホでの撮影ですが、、なかなかの出来だと自己満足です。

 

次回は、きっとパリのホテルからの投稿です。