2018.4.10
9

シンプルな服こそ、「着方」でものにする3<シャツ>【動画】

 

こんにちは、編集・川端です。
大草編集長の新刊『大草直子のSTYLING & IDEA』、もう手に取っていただけましたでしょうか。ぜひコメント欄やSNSなどでもご感想をお寄せいただければ嬉しいです。
さて、本書に掲載されたコーディネートの数々の中から、着こなし方を動画でお届けしているこちらの連載。今回はシャツ編です。トレンチコートと並んで大草編集長の“お株”でもあるシャツの着こなし。今回は基本のきをしっかりおさらいします!
 

大草流・シャツをカッコよく着る“味つけ”とは

シャツ/マディソンブルー パンツ/エイトン ピアス/ルル フロスト リング/マルコムベッツ ブレスレット/ハム バングル/ティファニー、マルコムベッツ バッグ/ボッテガ・ヴェネタ【本書・P121-122より】


動画でcheck!

【YouTubeの「mi-molletChannel」をチャンネル登録してさらに動画をチェック!】

シャツの命は、襟、前立て、カフス。この部分を見せたり隠したり。正しくプレスしたり、あえて乱したりすることをして、ぐっと自分に引き寄せることができます。

シャツのカッコいい着方ですが、まず着る前にスチーマーをシャツ全体にかけましょう。アイロンでもいいのですが、アイロンだと立体感を潰してしまうこともあるので、スチーマーのほうがオススメです。

ポイントは「前立ての裏」、「襟の裏」、「袖の裏」。ここのシワをキチッと伸ばしてキレイにしておきましょう。まくったり、立てたりした着方をするときに「裏」が目立ってくるので、そこを忘れないようにしてください。

1.「襟」

 

立てるか立てないかは髪型やその日の気分でOKです。立てる場合は、まず全体的に1度立ててから、自分の首の形になじむように軽くクシャッと襟をにぎってください。

襟の裏は立てたまま、前だけ軽く下ろすようにします。そうするとキレイなVができて、首が細く長く見えます

2.「袖」

 

袖は、長袖の場合も、半袖の場合も、できるだけぐしゃっとまくって着るのがいいと思います。

半袖の場合は、一回大きく1折りし(バランスをみてもう何回か折り返し)、自分のカラダ側をねじるようにもう1折りします。そうするとヒダのような立体感が生まれます

3.「裾」

 

裾は、一度ボトムにぎゅーっとしまったのちに、1回肩をあげてみてください。そうするとウエストに自然と空気が入ります。服と自分の間に風が通るようなイメージでブラウジングするとカッコよく着られると思います。
やってみてくださいね!

次回は、ヘアアレンジのテクニックをご紹介します!
『大草直子のSTYLING&IDEA』をご購入いただいた方限定の豪華プレゼント企画も実施中です。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

<好評発売中!>
『大草直子のSTYLING & IDEA』10年後も使える「おしゃれの結論」

大草直子 著 講談社 刊 ¥1500(税別)

45歳になった編集長・大草直子が、長いおしゃれのトンネルを抜けて辿り着いた「おしゃれの結論」を指南します。シャツやジャケット、トレンチコートなどが見違える着方テクニックや、季節ごとのワードローブの揃え方、リネン、カシミアなど素材を楽しむおしゃれについて、旅や結婚式、子供の学校行事のコーディネートなど、おしゃれに迷ったときに本を開けば必ず答えが見つかる、ファッションブックの決定版です。

全カットを本人が着用して撮影。すべての「結論」を自筆のエッセイで綴っているほか、mi-molletに掲載したスナップ写真3年分約254点も「デニム」「スカート」「トレンチコート」「ジャケット」「ドレス」「パンツ」「Tシャツ」「バッグ」「ボーダー」「ライダース」「ニット」「ジレ」「コート」「雨の日」「手元」「帽子」「旅行」「家族」などカテゴリー別に収録しています。


・Vol.1「『大草直子のSTYLING & IDEA』の中身を先行公開!【メイキング動画つき】」はこちら>>
・Vol.2「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる1<ライダース×マフラー>【動画】」はこちら>>
・Vol.3「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる2<ジャケット×マフラー>【動画】」はこちら>>
・Vol.4「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる3<ジャケット×スカーフ>【動画】」はこちら>>
・Vol.5「普通の服は「巻き物」で、ドラマティックになる4<ニット×スカーフ>【動画】」はこちら>>
・Vol.6「☆書籍購入者限定☆『大草直子のSTYLING&IDEA』プレゼントキャンペーンのお知らせ」はこちら>>
・Vol.7「シンプルな服こそ、「着方」でものにする1<トレンチコート>【動画】」はこちら>>
・Vol.8「シンプルな服こそ、「着方」でものにする2<ジャケット>【動画】」はこちら>>
・Vol.9「シンプルな服こそ、「着方」でものにする3<シャツ>【動画】」はこちら>>
・Vol.10「ヘアは服に合わせて。「黒」の分量を調節【動画】」はこちら>>
・Vol.11「『黒』は、素材と口紅で着る【動画】」はこちら>>

<次回予告>
・Vol.12「いま大草編集長がスタイルブックを出した理由とは……【新刊記念イベントレポート】」4月24日公開予定
・Vol.13「おしゃれのマンネリ、どう抜ければいい?【新刊記念イベントレポート】」4月26日公開予定

【書籍】撮影/最上裕美子 ヘア&メイク/清水ヤヨエ 出演・スタイリング・文/大草直子
構成・文/金光麻莉絵 構成/川良咲子(編集部)
【記事&動画】撮影・構成・文/川端里恵(編集部)