毎月一日のことを朔日と言い、八月一日は「八朔」…耳にしたことがある方も多いと思います。

もともとは豊穣の儀式に由来するようなのですが、江戸時代、徳川家康が江戸城入りした日が八朔で、この日は城内の者が白装束で儀式に臨んだという話が伝わっています。それに倣って吉原の遊女たちも八朔に白無垢で過ごしたと言います。盛夏の吉原が白い雪に覆われたようにに見える…江戸っ子の心意気ですね。

〽︎はや八朔の白無垢の 雪白妙に降りあがり…と、清元の「北州」にも歌詞があります。この浄瑠璃は吉原の年中行事を描いた御祝儀曲なのですが、私はこれを聴くと、八朔のくだりでなぜか胸がきゅんきゅんします(謎)

京都の花街では、芸舞妓さんたちが芸事の師匠にご挨拶をする日となっていますし、やっぱり八朔は特別な”お一日”ですね。私も襟を正して、今年の下半期の無事を願い過ごします。

玄関のしつらえも、涼しげに。