mi-mollet NEWS FLASH Fashion

2016.4.8

あの老舗デニムブランドが生まれ変わった!
『WHEIR Bobson(ウェア ボブソン)』って?

皆さん、『ボブソン』というデニムブランドをご存知ですか? 1971年、岡山で創業した歴史あるジャパニーズデニムブランドが『WHEIR Bobson(ウェア ボブソン)』としてリスタートをきり、よりスタイリッシュに進化しました!

デニムアウターはGジャンだけじゃない! ドロップショルダーが今っぽいMA-1タイプのブルゾンが素敵♡ 淡いブルーの色合いでデニムonデニムもまるでセットアップのよう。メンズ展開もあり。〈女性〉ブルゾン¥25000、ワンピース¥13000 〈男性〉テーラードコート¥21000、シャツ¥11000、パンツ¥13000(すべて税抜)

ポイントは、伝統の生産技術はそのままに、トレンドをうまく取り入れた、まるでデザイナーズブランドのような面持ちになったということ。初のシーズンは、注目のデザイナー・松井征心氏が手がけ、デニムに欠かせない加工の監修にはデニムのカリスマとして知られる本澤裕治氏が担当。強力なタッグで、ベーシックなデニムに新風が吹き荒れています!

今のムード漂う最新ルックをチェック!

デニムの可能性を感じるバリエーション豊かな商品ラインナップも、『ウェア ボブソン』の魅力。この春夏おすすめのルックをご紹介しますね!

榎本的ヒットなスタイリングはこちら! リジット風トップスとヴィンテージライクなワイドパンツのコンビネーション。デニム同士の組み合わせも色合いや質感が異なるから、すんなりきまる。トップス¥12000、パンツ¥12000(ともに税抜)
デニムとは思えない端正なテーラードコートもスタイリッシュ。かちっとしたシャツと合わせてもかっこよさそうだなあ…と妄想。ベーシックなスキニーデニムも今年らしいハイウエストがいい感じ。コート¥21000、シャツ12000、パンツ¥10000(すべて税抜)


コーディネート次第で、モードにもベーシックにも女性らしくもなる、まさに大人のカジュアルに幅を出す、進化系デニム。新しいベーシックとして取り入れて、春夏のカジュアルを楽しみましょう!

★WHEIR Bobson(ウェア ボブソン)公式サイト

お問い合わせ先/Sian PR(シアン PR) tel. 03-6662-5525

 

榎本洋子/フリーライター。
大学卒業後、ひょんなきっかけでファッション誌のライターに。その後、ブランドのプレス、Web制作会社を経て独立。現在は、ファッション、インタビューなど、雑誌やWebで取材&執筆の日々。好きなものは、 書くこと、おしゃれ、黒、鯖、トイプードル、昼寝。