春はお財布を替えるのに、
とても良いタイミングなのですね~
知らなかったです!

それもそのはず・・・
私、財布に関しては
大事に何年も使う派。
3年経ったら休ませて…とか
新しい財布を数年で買い替え…
なんて無縁です。

義姉から高校入学祝いにと
もらったものを結婚しても
使っていたら、
大学の後輩と再会した時に
まだそのお財布を?!と
驚かれました(笑)

それも使うにはもう限界かな?
ということで、
結婚一周年記念に
夫から財布のプレゼント。

エンリーべグリンのシンボル・オミノくんの色も1つ1つ違います。お気に入りを選ぶ楽しみもありますね。

イタリア職人の手で丁寧に作られていく
エンリーべグリンのもの。
それを十数年使っています。
使い込むほどに光沢が出て、
一度も修理なしの優秀財布。

ただこちらは、カジュアル。
女性らしいコーディネートの時に
もう1つだけタイプの違う財布が
あればいいなと数年前に
セリーヌで大好きな赤をセレクト。
赤を選んで散財しちゃうかな?と
迷いましたが(笑)
選んで良かった色気ある赤。


この2種類が私の財布。
特にエンリーべグリンは
間違いなく私とともに
ずっと歳を重ねていく存在ですね。

実はセリーヌの財布、
ファスナーが取れて・・・修理に。

こちらが修理から戻ってきたセリーヌの財布。紙袋の外側は白、持ち手が濃いグレーの潔いシンプルさ。ただ中を覗くと、さすがセリーヌ。小さい面積の赤色が本当にオシャレ。

お金が落ちてしまうほどの
破損でもない限り、
私はたとえ有料でも修理して使いたい。

私のことを想って
選んでくれた気持ちまで、
出来るだけ長く大切に使いたい。
財布に限らずですが。

この春も、
そんな風に感じた私の財布事情。

財布ではありませんが、 夫の布製の定期入れが破れ、 昨年のクリスマスに ボッテガヴェネタの定期入れを プレゼントしました。 夫は『一生使います!』と(笑) 夫婦似た者同士ですね~。

【インスタグラム】SOUPRUI