2016.7.26

納涼 ゆるかわ&キモかわ☆
大妖怪展

大妖怪展 
いってまいりました~~

 

江戸東京博物館(両国)で8月28日(日)までです

土偶から妖怪ウォッチまで!


妖怪って、こんなに多くの人を魅了するとは。
行った日は雨でしたが、結構混んでました。

なんと、24日までに6万人突破とのこと!!! すごい人気!!!


妖怪。よく見ると、「ゆるかわ」でした。

昔から日本では「ゆるかわ」「キモかわ」が好きなんですかね、、、身近というか、、、しかもそうした作品が、国宝、重要文化財だったりする……博物館というお堅いイメージの中で、「ゆるかわ」「キモかわ」。。。脳みそぐるんぐるん(^^;)


途中、幽霊的な雰囲気の箇所もあり、ある意味肌寒いですが、これは納涼ということで。。


そもそも納涼って何なのだろう
涼を納める??

辞書を調べたら、
「夏の暑い日の夜などに、外に出て、すずしさを味わうこと。」(国語辞典・三省堂より) とのこと。


全国から新旧の妖怪たち大集合!
クーラーのきいた展覧会場で、異界の生きもの(妖怪)に和らいだりゾッとしたり…これぞ、日本の納涼。

すてきな夏となられますよう

百瀬でした

追伸:
一番個人的にびっくりしたのは、、妖怪ウォッチのUSAピョン。(USAピョンと書いて「うさぴょん」と読みます。)
現在のUSAピョンに至るまで、24回も没案があったとは! その下絵もあって面白かったです。ジバニャン、ウィスパーの下絵、候補案も!

やはり、今のUSAピョンがハマる。創作の世界って、答えがないようで、やっぱり答えがあるよな~~ と、そこに しみじみ感じ入り、。