オリンピック、終わりましたね。
日本選手がいつどこで出るのかをキャッチしそびれたり、せっかく待っていてもCMになっちゃったりとか(泣!)
日本にいる皆と微妙な温度差があって乗り切れない部分もあり、ナショナリズムが高まるタイミングに海外にいるのはちとさみしいなと思ったりもしましたが、レスリングも、陸上も!色んな意味で感動しました。打ち込めるものを持った人って本当に輝いていますね。4年後の東京も楽しみ!
ちなみに猫ひろしさんも応援してました。マラソン完走、おめでとうございます!


さて先週末に引き続き、今週末も同じ所で日曜日のブランチをいただきました。
こちら、Philadelphia 発のサードウェーブコーヒー La Colombe

もう5-6年前からPhiladelphiaでは人気のブランドでしたが
この数年で大きな投資ファンドの出資を受けたとのこと、順調にNYやDCにも進出。東海岸を代表するサードウェーブになっていると思います。

オーナーがイタリア系なせいか、お店で飲むときはこんなマグカップで飲めるのがうれしい。イタリアのバルみたいでしょう。

 
以前違うお店に行ったとき。ステキなカップ。数多あるサードウェーブの中でもこんな趣があるのは珍しいと思う。

 

Philadelphia の街の中心のお店も趣があってステキだったのですが
こちらちょっと中心から外れたFishtown 、NYでいうところのBrooklyn みたいなエリアにできたお店が圧倒的にステキでして。

エントランスを入るとこのサイン。皆ここで立ち止まってスマホを構える。今時の店作りはSNS拡散のための仕掛けがたくさんですよね。天井も高く、広々と抜けた空間が現れてカフェに来たとは思えないワクワク感が。

 

お店が広々としているので、MACを開いたいわゆるノマドワーカー的な若者から、子連れの若い家族までが思い思いに週末の時間を過ごしていて

Brick Wall に直接イラストレーションを描くのも流行りのテイスト。

お店の奥で毎日焼くアルティザンブレッドが楽しめたり
コーヒー屋さんなのにこんな立派な釜があるからピザも楽しめたりとか

なんて美しいピザ釜!とはいえまだピザにまでたどり着いていません。

さらにマイクロブルワリーにもなっていて、出来立てのビールも飲めると至れり尽くせり!笑 

こちらではお酒を。ビールと思い込んでいたけれど、バレルがあるのでラムかもしれない。今度聞いてみよ。
ラムのボトルもかっこいいので買っちゃおうかと思ったのですが、まだ自宅にダークラムが残っているのでがまんがまん。

コーヒーショップ、カフェにしてはかなりの大きな空間で
大好きなコーヒーを飲んで、夫とチョコレートチップクッキーをシェアしながらちょっとだけ一息。
おいしいパンを翌朝のために買って ———— それだけで大満足。
ちなみに他のお店では見たことのなかったそのクッキー、わたしの人生でBest 3に入る美味しさでした。写真撮るの忘れちゃったけど余りにおいしくて夫はお店のスタッフの差し入れ用にごっそり購入したところやはり大好評だったとのこと。

目の毒な焼き菓子たち。わたしはクリームの乗ったアメリカンなカップケーキや、繊細なフレンチスタイルのケーキよりもざくっとした粉の味が感じられるアメリカンベーキングが子どもの頃からずっと好きなので素通りできるわけもなく。

実際はその「一息」の合間に息子の気を紛らわすために持参したおやつをあげたりとか、オムツ替えに行ったりとか、まあ優雅なコーヒータイムとは言えないかもしれないけれど

新しいことが起こっているざわめきみたいなものも感じられるVibeは、単においしいものにありつけるだけでなく、すごくポジティブな力をもらえます。

週末はどこでブランチするかを毎度考えるのも楽しみでしたが、当面はここに通い詰めそうです。

そしてこちらは光野桃さんのInstagram で見つけた画像。

すみません、まだ書籍は手にしていませんが、もう帯だけでぎゅっと気持ちをわしづかみにされました。


書籍の帯「仕事、母親、女であることすべてに応えようとして傷ついているあなたへ」というコピーを読んだだけで気持ちをぐいとつかまれませんか。

大草編集長も数日前のダイアリーで、今年の夏は「しんどかった」と書いていらしたけど、わたしも正直しんどい日が多い。
こういうお気に入りスポットでの時間を見つけて
自分の気持ちをリフレッシュしながらメンテナンスしていきたいなあと思うのでありました。

さて夏ももう終わりに近づいてきましたね。
暑い暑いと言っていたのにすずしくなるとさみしいなあ。


雅子