2016 Oct. 19

春夏の展示会巡り。
花が溢れるラドローへ

暑くなったり寒くなったり。夏の終わりか晩秋かわからないこの頃ですが、すでに、来春の展示会はスタート。今日伺ったのは、この夏購入して「超お気に入り」となったカゴバッグのブランド、ラドロー。

ヘアアクセ、リボン付きのトートバッグなど、たくさんのヒット品番をもつこのブランド、今まで「少し私には可愛すぎるかしら?」とじっくり拝見したことはなかったのですが、今日はお初の展示会。

会場の入り口には、春のスタートを感じさせるような、花が溢れていました。このプレゼンテーションって、とっても大切。この花のチョイスが、また好みドンズバで、「ああ、このブランド好きだなあ」と思ったと同時に、美しい色彩から優しいパワーをもらえました。皆様にもおすそ分け。

実は2代目カゴバッグが見つかったらオーダーしよう、と思っていたのですが。あまりにたくさん可愛いものがありすぎて、迷いに迷い今日は断念。心臓がバクバクしたため、少し落ち着いて考えることに(笑)。

レザーの巾着タイプのバッグや、ストラップが長いカゴバッグなど、とにかく目は終始♥に。

その後、今季もラップタイプのスカートを購入済みの、アイロンの展示会へ。ベーシックでクリーン。ほんの少しの甘さをもつ、たくさんのアイテムに、こちらも心は躍るばかり。今、本当にジャパニーズブランドの勢い、パワーを感じます。体型はもちろん、気候や生活スタイルに合った服や小物は、私たちに近く近く寄り添ってくれます。

クローゼットの多くが、今ジャパニーズブランドで占められていて、その様を見ているのもなんだか幸せです。

また、展示会レポートお伝えしますね。

大草 直子

  • ふたがピンクのレザーのバッグと、キャラメル色のもの。カゴバッグは、ハンドルが手に食い込んで痛い場合がありますが(笑)、ストラップが付いているのも高ポイント。
  • こちら、アイロンのルックの1つ。プロの外人モデルを使わず、156cmのスタッフの女性が着て撮影しているそうです。だから、着た時のイメージがリアルにできます。こんなこだわりも「美しい日常着」を実現しているブランドならでは。