LIFE

夫婦で貯蓄をしていくうえで
やりやすい工夫、続くルールの決め方など知りたい

2016.11.6
夏帆さんからの質問
Q.
夫婦で貯蓄をしていくうえで やりやすい工夫、
続くルールの決め方など知りたい

結婚5年目、ともに30代前半、家は賃貸、子供を持ちたい気持ちはあるけど今はいない、という夫婦です。結婚後も完全別会計でやってきました。将来に備えて貯蓄をしなければ、と話してはいるのですが、会計を統一して自分の収入や貯金を夫のものと混同してしまうことに抵抗があります。収入は夫の方が遥かに多いので、それだけに自分の稼いだ分が明確にされていないと、趣味などのために使いにくくなってしまいます。個々のお金は区別して、将来のための貯蓄をしていく方法はないでしょうか。

私が思い付くものとしては……
1.夫婦の口座を1つ作って、2人で話し合って決めた額をそれぞれ毎月入金する。
2.それぞれ貯蓄口座を作って、2人で話し合って決めた額をそれぞれが毎月その口座に預金する。達成できているか定期的に公表し合い、監視し合うようにする。

1か2のどちらかがよいでしょうか? また、やり始めやすい、継続しやすい工夫や運用ルールは何かありますでしょうか? それぞれが入金する額の目安(月収の何割など)もあれば伺いたいです。というのも私はアルバイトで夫より収入がかなり低いので、毎月の入金額に差をつけないと無理なのですが、差を付けるならどの程度がいいといったご意見なども伺いたいです。