2017 Aug. 15

ポルトガルのSmall Adress。
是非みなさま行ってみて!

なんだか涼しい、今年のお盆。過ごしやすいのは良いのですが、なかなかに寂しいですね。セミがわんわん鳴いて、冷やしたスイカをかじりながら「暑いねえ」と言い合うのがお盆だと思っていましたが。もう、夏はどこかに連れ去られたのでしょうか。

と、こんな夏らしくないお盆を横目に、ポルトガルのスモールアドレスをまとめてみたいと思います。インスタでご親切に教えて頂いた情報(何せ滞在が2日半だったので、未確認のものもありますが)も、あわせて。これから? いつか? ポルトガルに行く予定がある方、是非クリップしてくださいね。

ヒストリカルビルディングは、ガイドブックにも載っているので(笑)、食に関することを。

まずは、パリ在住の川村明子さん情報。(って、頂き情報からか~。だって、川村さん、「パリのビストロ手帖」を上梓されているプロでいらっしゃるから)詳しくはブログをご覧くださいね♡

Taberna da rua das Flores
ここ、タクシーの運転手さんに聞いても「おいしいよ~」とのことだったので是非に行きたかったのですが、日曜でお休みだった。「こんなカキイレドキに休みなんて」と運転手さん怒っていらっしゃいました。川村さんによると、素朴なポルトガル料理のお店。煮込み料理を是非。

A Brasileira
ここは、インスタでほかの方からも薦めて頂いたところ。おしゃれなスペースで、とっても雰囲気が良いそうです(笑)。「3cmほどの厚切りトーストを」、と川村さん。

Solar des Nunes
こちらも、川村さんほかインスタでもリコメンド頂いた場所。食事はおいしいし、サービスは良いし♡ と多くのリコメンドを頂きました。はい。残念ながらこちらも日曜日クローズでした。ポルトガルは、8月いっぱいお休みするお店も多いみたいなので、予約を必ずとってからいらしてくださいね。

あとは、ロンドン在住、ヴァンテーヌ時代の後輩が教えてくれたレストラン。ここは、おしゃれなヨーロピアンも多く、日曜日もやっていました。

Bairro do Avillez
エビをからりと焼いたものや、アサリのオリーブオイル・ガーリック炒めや。サラダも美味しかったし! ビールもきりっと冷たくて、食後のカプチーノ(コーヒーめっちゃ少な目)もパーフェクト。日曜日のブランチ時間は、お誕生日のお祝いや、家族会をやっていましたよ。同じ場所で、カジュアルミール、シーフードレストラン。ペルー料理と3種類のメニューをスペースを分けて提供しているので、昼夜、もしくは連続で訪れても楽しめそう。

POUSADA CASCAIS Cidadela Historic Hotelのメインダイニング
カスカイス、私たちがステイしたホテル内にある、こぢんまりしたダイニング。一皿一皿の量が多いので、お気を付けください。万願寺唐辛子ふうなペッパーを炭火で焼いたものや、卵とアスパラの炒め物、タコとエビの煮込みごはん(この写真のような)など、居酒屋風で美味しいよ~。あ、ワインも!


あぁぁぁ。
ここまで書いて青い海、透き通る空――ポルトガルへ戻りたい~と、身もだえております。近々いらっしゃる方が本当にうらやましい!

大草 直子

  • もう暑くて暑くて(笑)。少し歩いたらすぐビール♡ わたくし、断然断然断然(しつこい)、日本のビールが好きなのですが、ポルトガルのビールはおいしい! きりっと冷えていて、ドライ。日本とポルトガル、ビール事情だけ考えると似ています。
  • 今回のポルトガルステイでナンバー1だったワインがこちら。GROUS。少し冷やして頂きます。なんとなく味の輪郭がぼんやりした(褒め言葉です)ポルトガル料理に似合うきりっと感。日本でも買いたいな。買えるかな。
  • 何ていったって新鮮なシーフードを食べるに限ります。エビのミソにガーリック、オリーブオイルをプラス。それをソースに頂きます。パンが苦手なので、こうしてライスが必ずついてくるのも嬉しい。
  • 上記でアドレスを載せた、Bairro do Avillezのカプチーノ。いっつも、給仕してくださる方の目をまっすぐ見て「エスプレッソショット少な目で。Not a little,very littleと言うのですが、なかなか理解してくれず、飲みきれないことが多いのですが。このカプチーノはほぼミルクで、パーフェクト!