ETSUKOさんからの質問
Q.
おとなの貫録がない私……。ミモレ世代ならではの「おとな感」あるおしゃれって?

生き方や個性の現れでもあるとは思うのですが、私には、いわゆる大人の貫禄がありません。。。
せめて、同じアイテムでもさらりと大人っぽく着こなせたらと思うのですが、その際のポイントやファッションの姿勢についてご教授頂けますか?

年齢も自分らしさの一部であると思うので、ミモレ世代ならではの「大人感」を活かせるようになりたいです。

チームmi-mollet 大草直子の回答
A.
「いつまでもフレッシュでいられること」も、
ETSUKOさんの、素晴らしいチャームです!

ETSUKOさん、こんにちは。ミモレをいつも見て下さりありがとうございます。
実は私、22歳の新入社員のときに、10年以上年長の先輩より年上に見えてしまったようで、いつも彼女よりも先に名刺を出されてしまっていました。そんな気まずい思いをしていたので、ETSUKOとは、また違う悩みをもっていました(笑)。

身長がご質問の中になかったのでわかりませんが、ETSUKOさんはもしかしたら小柄でいわゆる童顔なのでしょうか? しつこいですが、ある意味羨ましいです(笑)。

すべての人が1年ごとに年を重ねるのです。もしかしたら、意図せずに実年齢より若く見えるのかもしれませんが、それはそれで良いのではないでしょうか? 無理にご自分のテイストと違う服を着たり、黒を多用したり、ということは不要だと思います。

きっと、経験を重ねた深みのある声や、思いやりと知性ある言葉使いが、ETSUKOさんを、年齢相応の、けれど見かけはフレッシュな――大人に見せていると思います。答えになっているでしょうか?
いつか、実際お会いしたいですね!