毎日とにかく暑い!ですが
皆さまお元気ですか?

我が家は先日息子が保育園でアデノウィルス性結膜炎をもらってきてしまい
まさかの登園禁止2週間。
さらに途中からわたしも感染してしまい、約1ヶ月にわたり辛い時期を過ごしました。本当に感染力が強いし、抗生物質の目薬も全く効かない!ずっと目が痛いし、ゴロゴロするし、眩しくて目が開けられず、外を歩くのも怖いくらい、本当にひどい結膜炎初体験でした。皆さまも抵抗力の低下にお気をつけくださいませ。

同時にワーママであるわたしにとって、登園禁止2週間は目の前真っ暗な衝撃。
登園禁止の診断が下りてすぐにいつものキッズラインで病児シッターさんを探しました。
しかしそもそも病児シッターさんというのは数が少なく、通しで予約をとることできず、まるで日替わりのようにシッターさんを次々に変えながら、それでもつなげない時は自分が仕事を休み ———と過ごすことに。

我が家の場合はわたしが高齢出産なので老いた実家の母に終日息子の相手をしてもらうのはどうしても無理。しかも今回は感染症。病児シッターさんしか頼れません。
今回2週間の間に来ていただいたのは計3人だったのですが
自分が人さまに仕事をお願いすることってそうそうありません。

息子も保育園に行かず、なぜか家にシッターさんが来るというイレギュラーに戸惑っているし、わたしも初対面のシッターさんには毎度いろいろ家のことをお伝えする準備もあり、落ち着かない毎日でしたが
久しぶりに仕事を発注する側になりわかったのは、デキる人のこと。
親とシッターさんは基本的にそれほど長い時間を過ごすわけではありませんが
挨拶や家に入ってきた時、子供と初対面の瞬間の仕草やふるまいで、シッターさんとしての技量(主にこれは「スキル」というよりも単なる相性で、至極主観的なことでしかなくシッターさんたちは皆さん素晴らしい方揃いですが)はなんとなくわかるものですが
それを決定的にするのが日中、子供&シッターさんと自分が離れている時。

子供を預けている親にとって一番の心配は、子供が元気かどうか、楽しく遊べているかどうか、無事にお散歩に行き、初めての道・街でもシッターさんが迷子にならずに無事に家に辿り着けたかどうか ———なわけですが
初対面でデキるなって思うシッターさんはこの連絡が程よくマメ。

子供のランチタイム、お昼寝の時間など隙あらば写真を送ってくれる。
さらにその際に余計なことは書かず、経過と息子の笑顔だけが届く。
3歳児のシッターさんに求められる役割というのは、適度に一人遊びをさせながらも一緒に遊んでくれることなので、写真やレポートを日中に必要以上に送る必要はない。親が仕事中に安心できるぶんだけ送ってくれるさじ加減も絶妙な方は、病気の子供を家に置いて仕事に出かけている母親、というクライアントのニーズをちゃんと把握してくれていて感激しました。
(キッズラインのシッターさん達はサポート時間中の写真送付などはマニュアル化はされておらず、個々のシッターさんたちに一任されています)

ちなみに3人の中でずば抜けて素晴らしかったシッターさんは、近所に住む主婦の方だったけれど、何と雨上がりの日にTodds のスニーカーでいらっしゃるエレガントな方。雨上がりだからTeva で仕事に行っちゃえーというガサツな私とは格が違う!イギリス帰りで英語も上手で、バイリンガルの息子もすっかり安心して甘えているのが分かりました。w 

とうとうあまりの暑さに外遊びを拒絶した息子を連れてMidtown のロンハーマンに。すっかりキッズスペースでたのしんでました。かわいいスタッフのおねえさんにクッキーまで頂きご満悦。

余談を挟みましたが
ここで実感したのがこれってきっと一般的なオフィスでの仕事でも同じことだということ。

職場において、上司も部下も同僚も、クライアントも、あれどうなってるかなと不安に思うことって折々あるはず。
でも、わざわざ「あれどうなってる?!」とせっかちな問い合わせを入れるのも野暮だし、まあ来週の会議で聞けるかなあとか、ちょっと遠慮して黙ってるけど、気になってる ——— そんな状態ありませんか?

私のようにバックアップが手薄なワーママは常にこの点意識して日頃から仕事しておかなくてはなと改めて痛感です。コミュニケーション、アップデートは適度なサジ加減でウザくなく、周りに心配をかけず安心して見てもらえる程度に心がけること。今回のトラブルで学んだデキる女のあり方だったかも。

そして、何より健康第一!日頃丈夫さだけが取り柄の私ですが結膜炎がこれほどまでに辛いことにまいりました!まだしばらく猛暑が続くようですが、どうぞ熱中症にも夏バテにも気をつけていきましょう。ちょっと暑さが厳しすぎますが、やっぱり夏は満喫したいですからね。

街でよく見かけるこちら。お手頃価格だったので衝動買い!ワーママにはあれこれ気持ちを盛りたててくれるものが必要なの。カジュアルなサマーバックだけどMAC 13inchも入って仕事にも便利ですよ。
mi-molletでもインタビューのあった荻野みどりさんの会社から発売しているカレーのドレッシングがおいしい!見つけたら是非買ってみて!市販のドレッシングやタレ的なものはどうしても薄めたり、何か足したりする私ですが、これはこのままで本当においしいの!夏にぴったり。私は人参とツナのサラダなどに愛用中です。

雅子