山や滝を眺めながら九重”夢”大吊橋を渡る。この日は、ムラサキスポーツのセールで買ったフレアスリーブのワンピースを着ていました。背中で、サテンのリボンを結びます。

台風の合間に、大分に帰省しておりました。

大分空港のレストランでは、色々な郷土料理を味わえます。こちらは、名産のカボスを使ったレアチーズケーキ。

着いた翌日は、玖珠郡九重町にある龍門の滝へ。

大人も子どもも、滝滑りを楽しんでいます。私たちは浮き輪を持って行きましたが、有料でウレタンマットも借りられます(ヘルメットは無料で貸し出しています)。キャンプもできます。

自然の中でダイナミックな遊びができて、子どももとても満足していました!

昼食は里の駅、九重ふるさと館の中にある、「ふるさとキッチンかのん」で。

ミネラル豊富なクロメという海藻がトッピングされたおうどん。干し椎茸も入っているのが、大分らしい。
季節限定、九重産の完熟トマトのソフトクリーム。

そして、天空の散歩道、九重”夢”大吊橋へ。恐くて下を覗き込めない!

標高777メートル。高さ173メートル!

帰り道、息子の希望で、別府市の城島高原パークへ。以前も訪れたキッズドライビングスクールでは、子どもがバッテリーカーを運転して、信号も設置されたコース内にあるガソリンスタンドなどを回れます。

初回に講習を受け、このコース専用の免許証を発行してもらいます。

フランスに続いての旅リポートとなりますが、自然に癒され、リフレッシュできた大分での様子、よろしければ次回以降もお付き合い下さいませ!