前回のblogで無理矢理京都日帰り旅を強行したことを書かせていただきました。実はその主たる目的は「五条坂陶器まつり」に行くこと!京都の五条は京焼発祥の地で、山科の清水焼と並んで陶器産業の盛んな場所です。五条通に沿ってたくさんの作家さんや窯元のテントが並びます。気持ち大高揚です!

夕暮れの五条坂。お店が並んで賑やかでした!

一点物がたくさんあり、量産物に至っては投げ売りになっている物もありました。せっかく車で来たことだし、と端から端まで一軒ずつ覗かせていただきました。

若い作家さんが焼かれた小鉢に、プチトマトのピクルス(ジュレがけ)にスイートバジルを乗せてみました。あまりにも可愛らしいこちらの小鉢はひとつ500円!

作家さんの感性が現れているもの、それで普段使いに活躍してくれるものをいくつか求めました。

こちらは清水焼の若手作家さんの作品で一点ものでした。小花の絵付けに一目惚れし購入。宮川町名月堂さんのニッキ餅と黒糖餅を。

お祭りの屋台のような雰囲気もあって、とても楽しいトレジャーハンティングでした(笑)

小さな花入れを楊枝用に求めました。ころんとしたフォルムが愛らしいです。

instagramもどうぞ♡