小小町さんからの質問
Q. この秋のメイクトレンドと、買っておくべきアイテムを教えて下さい

秋メイクのトレンドと「これだけは買っておいたほうがいい」というアイテムを教えてください。

チームmi-mollet 安倍佐和子さんの回答
A. 狙い目はモード系ハイブランドの新顔アイカラーを

今秋のメイクトレンドですが、どちらかといえば、アイメイク>リップメイクの傾向でしょうか。リップは相変わらず、グロウよりセミマット系が人気で、色は赤やローズ系のこっくりしたカラーが多く揃っています。

そうなると、目元は、透け感のあるベーシックなアイカラーが気になりますよね。そんなわけで、もし、一箇所、トレンドを取り入れたいということでしたら、今季はアイメイクアイテムをおすすめします。

まず、アイカラーは、ディオールから新しくデビューした、「ディオール バックステージ  アイパレット」をぜひ見てみてください。捨て色なしの9色がクリアなケースにセットされていて、質感も、際どさ無しでどんなシーンにも合いそうなベーシックなカラーが揃っています。

プライマー、アイシャドウ、ハイライト、ライナーがセットになったマルチカラー。 ディオール バックステージ  アイパレット 新2種 ¥5500(税別)/パルファン・クリスチャン・ディオール お問い合わせ先/パルファン・クリスチャン・ディオール カスタマーサービス  tel. 03−3239−0618


そして、NARSのアイシャドーを。質感の異なるアイカラーが76種デビュー。中でも「ハードワイヤードアイシャドー」はなじみ色でも質感が進化しているので、仕上がりの印象が大きく異なります。

モード系のハイブランドは気後れしがち、という人もいらっしゃいますが、この秋はモード系ハイブランドがより身近にアップデート。トレンドを少しだけ取り入れたい、という人にとって手を出しやすいタイミングなので、まだの人はぜひ、この機会に。

ハードワイヤードアイシャドー 全18色 ¥2500(税別)/NARS JAPAN お問い合わせ先/NARS JAPAN tel. 0120-356-686
PROFILE
  • 安倍佐和子(あべさわこ)12月24日生まれ。大学卒業後、化粧品メーカーの宣伝制作室に入社。デザイナーから留学を経て、出版社に転職。編集者として活動をスタート。美容専門誌『VOCE』(講談社)の創刊準備から関わり、編集者として美容誌カルチャーを築きあげた後、独立。現在は、『GINZA』『FIGARO Japon』 『SPUR』『FRaU』などのファッション誌や、『VOCE』『ROLA』などで連載、執筆&編集を行うほか、広告やイベント、webマガジンやTVなど様々な媒体でも活躍中。テレビ朝日系「BeauTV VOCE]では新製品紹介コーナーを担当した経験も。スキンケアからメイクアップ、美容医療やオーガニック、スパなど手掛ける分野は幅広い。ホメオパス、フィトテラピーアドバイザーの資格を有し、代替医療の分野にも精通。著書『人と比べない美人力の磨き方 安倍佐和子のMy BEAUTY Rules』(講談社刊) この人の回答一覧を見る

 

 取材・文/長谷川真弓 

 

ビューティのお悩み回答者一覧