こんにちは!

すっかり前のことになるのですが、ELLE ONLINEのお仕事で、フレデリック マルの香りについて学べる機会があったのです。

ロンドンの時のルームメイトだったRちゃんもフレデリック マルの香りが好きで、彼女がパリに遊びに来た時も一緒にブティックに行ったほど。それだけに、マル氏の香りを探検できるなんて!と、すごく楽しみに出かけて来ました。

まずはサンジェルマンにある美しいお店へ集合。各ブティックには香りのプロが居るので、コンサルテーションをしてもらって、その人にピッタリな1本を探してもらえます。

私が選ばれたのはコレ、 Musc Ravageur (ムスク ラバジュール)。

私の大好きな(でもそれもヨーロッパに住み始めてからなのですが!)ウッディでムスクを感じさせる濃密な香り。

それにしてもマル氏、パルファン・クリスチャン・ディオールの創設者をおじいさまに持つというスーパーセレブリティゆえに、とにかくセンスの良さがハンパない。

香りを学ぶツアーの中にはショップ訪問だけでなく、セーヌ川クルーズというのがあり「はて? 今更セーヌ?」と思ったのですが、フツーのクルーズではなかった!

到着してみたら、待っていたボートはラグジュアリーな貸切ボート! 美しい紫陽花まで飾ってある!

朝食も用意されていて、とにかく贅沢の極み。

船内も素敵な造りに❤️

正直何も期待していなかったのですが(汗)、ものすごくテンション上がっちゃいました♪

そして船着場にボートが帰ると、「今時のパリは、スクーターのレンタルが一番便利だよ」と、レンタルスクーターで颯爽と帰ってしまうという!

普通、うやうやしい車が迎えに来たりするのに、その飾らなさがまた今のセレブらしい。

そんな「粋」という文字そのもののマル氏がプロデュースするだけに、「フレデリック マル」の香りはどれも素晴らしく素敵なものばかり。10月10日から、日本でも購入できるようになったそうですよ〜! 私は、世界的ベストセラーだという『Portrait of a Lady』(ポートレイト オブ ア レディー)という香りを、次に狙ってます♪

そして11月頭には、ご本人が来日予定でもあるそうですよ!