こんにちは!

タイトルそのまま、よしながふみ先生の漫画の話です。

何を隠そう(いや全然隠してないけど)、大の漫画好きなワタクシ。

以前にロンドンに住んでいた時、何が一番辛かったって、漫画が自由に読めないことでした。短期間留学のつもりだったので、漫画なんて当然持っていかなかったですし、当時はまだまだ電子書籍もなくて。頼みの綱は、日本の本を取り扱うお店だったのですが、値段が倍ぐらいする!(泣) 仕方なく、どうしても読みたい物だけ買ってましたが、自由に読めないのがすごくストレスだったのです。

しかしいまや、新刊も少し待てばすぐ電子書籍で手に入る! それも場所を取らない! いい時代になったな〜!

でも。なぜかこの『きのう何食べた?』だけは、なかなか電子書籍化がされないんですよね……なんで??(講談社さーん!!)

あまりに遅いので、この夏出た最新刊をどーーーしても読みたく、先日単行本をオペラにあるジュンク堂で買っちゃいました(ドヤ!って、よく考えたら大した額でもないけど、笑。日本だったらこの値段なのにーってわかるから、つい悔しく感じちゃうんですよね。。)。

入り口を入ると、ここは日本?という感じ。

漫画コーナーには、やはりパリ系のエッセイ漫画などが多く揃ってます。

いつかお会いできたら!と夢見ているかわかみ先生のパリパリ伝説やじゃんぽーる西さんの作品とか(当然全部所有)。

あまりに嬉しくて、帰りのメトロで夢中で読んで、乗り換え駅を逃しそうになりました(汗)。

よしなが先生の本は全て持っていますが、この作品が何よりも好きです。ゲイカップルとはいえ、普通の日々の生活とごはんを中心にした話が、こんなに面白い。そしてもう14巻になっても、ずっと面白い! よしなが先生は本当に天才だ……。

そしてお料理が毎回美味しそうなうえ作り方も載っている実用漫画だったりするのもすごい。麻婆の素、明太子のクリームチーズペースト、鶏の鍋、ブラウニー……一体何度作ったことか。

そしてこの漫画を持ち込んで長風呂するのが、寒くなってきた最近の楽しみなのです。