ホイップさんからの質問
Q. 団体行動が苦手。
保護者会を切り抜けるにはどうしたらいい?

こんにちは。以前よりコミュニケーション能力が乏しく、団体行動が不得意です。若い頃は飲み会、子供ができてからは保護者会などで、話し出すタイミングが分からず……。自己嫌悪に陥ります。3、4人だと平気なのですが。子供のためにも参加できる集まりには出たいと思う反面、正直気が重いです。どうしたら克服できますか?(41歳)

特別ゲスト 小林照子先生の回答
A. 3、4人が平気なら大人数だって大丈夫。
「できる!」と言葉をかけて 自分をその気にさせて。

ホイップさんは、コミュニケーション能力が乏しく団体行動が不得意、との自己分析をされているんですね。でも3、4人との会話は平気なのですよね? 私は、3、4人が平気というのは、むしろ上位のコミュニケーションスキルを持っていると思うんです。

「気が合う」という言葉がありますが、人って本当に“気”が出ていて、それがつながるらしいの。でもそれができるのって、3、4人ぐらいまでだと思うんですね。30人とか50人とか大人数になったら、一人一人と“気”を合わせるなんてことはしていられません。そう考えたら、むしろ3、4人とのコミュニケーションよりラクだと思いませんか? 

おそらくホイップさんは、「苦手だ」「気が重い」と思っているから上手く振る舞えないだけだと思うんです。だから「大人数は得意なの」と、言葉に出して言うようにしてごらんなさい。何回も言っているとその気になってくるものよ。ボクシングの世界チャンピオンだったモハメッド・アリは、なぜか試合にいつもメーキャップアーティストを連れてきていたんですね。彼は実は顔に傷があって、それによって自分に自信が持てなかったそうなんです。それをメーキャップで消すことで、「俺は強い!勝てる!」と、自分をその気にさせていたのですよ。だからホイップさんも、いつもマイナスの言葉を言うのではなくて、「大丈夫!」と自分に言い聞かせてください。「3、4人は平気」というのも、すごく良い言葉ですよ。3、4人が得意なら、もう少し増えたって大丈夫。何も未知の生き物が増えるわけじゃない、全部同じ人なんですから!(笑)

PROFILE
  • 小林照子(こばやしてるこ)1935年生まれ。美容研究家。現在のコーセーを経て、1991年に「美・ファイン研究所」を設立。モデルや女優、政治家など何万人ものイメージ作りを手がけるほか、[フロムハンド]メイクアップアカデミー、青山ビューティ学院高等部東京校・京都校の学園長も務めている。最新著書『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)が好評発売中。プライベートでは27歳で結婚。娘の小林ひろ美さんは同じく美容家として活躍中。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧