インドでは、日本の味噌やお醤油のように毎日スパイスが使われ、ちょっとした不調などは、スパイスでお茶を作ったり、そのまま摂ったりすることで治すことがよくあります。

わたしは風邪をひくことが多く、これまで冬は鼻風邪→喉風邪→熱風邪→鼻風邪→・・・・のような感じでエンドレスに風邪をひいたりすることもあったのですが、昨年読んだ風邪の効用という本(日本で有名な野口整体という整体の創始者の方の本です)に

□風邪とはひくものではなく、経過するものである

□風邪などは、数十分から数時間で治すものである

と書いてあったことにいたく感動し、半年ほど前に”風邪かもしれないとほんの少しでも思った瞬間に、スパイスを駆使して風邪を数十分で治そう”と心に誓ったわけです。(本には、整体術で治す方法も書かれていましたよ)

これまでも、風邪をひいたりすると症状に合わせてスパイスなどを使ったホームレメディを作ったりはしていたのですが、とにかく最近は、”風邪をひく前”にスパイスティーを飲む!そして、30分で治す!ということを試しています。

すると・・・なんとこの冬まだ一度も本格的な風邪をひいていないのです!特に年末年始、極寒の実家に帰るたびに必ずひいていた風邪さえも、ひいておらず、わたしもついに30分で風邪を治せるようになったのか・・・(ニヤリ)と、最近ウキウキしています。

家では、トゥルシーティー(インドのハーブティー。アマゾンなどでも購入可能。インドでとてもポピュラーな万能ハーブ。風邪や、インフルエンザにもいいといわれています。)に、生姜(乾燥でも生でも可)、シナモン、クローブ、リコリス(甘草)、レモングラス なんかを使う事が多いです。
分量は、適当&お好みですが大きめのマグカップ1〜2杯に対してだいたい、生姜はピンポン球くらい(乾燥パウダーの場合は、小さじ半分〜1)、シナモンは小指の爪くらい、クローブは1〜2個(体に熱がこもりやすい人は1個かなくても)、リコリス小さじ1、レモングラス1本くらいで作る事が多いです。全部お鍋に投入したら、お水からグツグツ適当に煮込んだら出来上がり!辛すぎたら、お湯を足せばOK!
ちなみに、味は・・・わたしはスパイスを普段からよく摂るので結構美味しいと思っているのですが、普段あまりスパイスに馴染みがないと、不思議な味かもしれません。でも、効きそうな味(市販風邪薬の瓶入りのドリンクを美味しくした感じ?)はするので♫もちろん、生姜だけでも効果はあると思います!

トゥルシーティーはなければ、ミントティーや普通の紅茶を(紅茶の場合は、煮込むと苦くなるので茶葉は最後に)。ほとんどが体を温める作用を持つスパイスかハーブなのであるものでOK&飲んだらすぐに体がポカポカしてきます。クローブや乾燥生姜を入れる場合は、辛くなるのでリコリス(甘草)かお砂糖を入れるのが、オススメです♫

皆さんは風邪の引き始め、どんなことをされていますか?

また是非教えてくださいませ!

今年は、絶対に、風邪、ひかないぞー!

外出先で、風邪かも!と思った時は、こちらを。お湯にさっと溶かすだけで美味しいスパイスティーが。