編集部の川良です。突然ですが、先日わたくし一泊二日で「母休み」を頂きました(笑)。夏休みでも冬休みでもなく「母休み」です。

事の発端は、昨年の夏休みの頃に遡ります。とても暑いお盆の時期に、子どもたちと一緒にアウトドア中心の結構楽しい夏休みを過ごしたはずだったのですが…休み明けの疲労感がなかなか取れず、特に鼻のまわりにできた巨大な面疔が悪化、皮膚科にいって飲み薬と塗り薬を処方されても、完治するのにだいぶ時間がかかり…落ち着いたころにはすっかり秋になっていました。

平日は、朝早く起きて、出かける前に家族の夕食と弁当をつくる毎日。合間には長女の勉強をみたり、次女と絵を描いたり…とにかく、仕事もプライベートもすべてが待ったなし。なかなかにハードな日々のため、一度ひとりになって休みたいという気持ちが秋が深まるにつれてむくむくと湧き上がってきたんです。そうだ休もう、ちょっとだけ、お母さんを休もう!そう決めたのはよいのですが、根っからののんびりした性格のため、これまた気づいたら2月になっていました(笑)。

前置きが長くなってすみません。

私が「母休み」に選んだのは、ザ ヒラマツ ホテルズ&リゾーツ 熱海。東京から新幹線で40分と近いうえに、いまとっても話題の「クレイドスパ」(天然クレイ100%のトリートメントです)がお部屋で受けられるなんて最高!17時に編集部を出て、19時にホテルにチェックインしました…。本当に近い(笑)!

「洋風旅館」がコンセプトのこちらのホテル。お部屋にヒノキの蓋の風呂があるんです。これは…!ひとりでもかなりテンションが上がります。こういうの久しぶりだわ~(涙)。
お風呂の先には夜の海。窓を開け放てば露天風呂です。うう、いきなり泣きそうになります(涙)。
ドレッサー&洗面台は、部屋に二つ。アメニティはブルガリ。フェイスマスクも♡

ひとしきりお部屋チェックが終わったところでディナーへ。何を隠そう、ひらまつ系のレストランで結婚披露宴をし、結婚記念日は毎年どこかのひらまつで食事をしているので、そんなところもちょっとしたご縁を感じたりして。

鮟鱇(あんこう)のムニエル ちりめんキャベツのクリーム煮込み シェリービネガーソース
熱海で獲れた猪のパテアンクルートとロース肉のグリエ ソース・グランヴヌール
前菜から、魚、肉、何にでも合うしっかりとした白ワイン。白ワイン好きにはたまらない美味しさ。ずっと飲み続けられそう(笑)。

魚も肉も、デザートはもちろん最後のチーズまで、しっかり頂きました。今日は特別、我慢なし(笑)。く、苦しい…でも幸せ♡

部屋に戻ってからはもちろんひとり露天風呂を堪能致しました。ヒノキの香りがいい…。思えばこんなにゆっくりお風呂に入ったのも久しぶりかもしれません。お風呂に入っていると子どものどちらかが、なにかと質問があったり聞いてほしい話があったりで訪ねてくるので…(我が家だけ??)。

誰かがベッドメイクしてくれたベッド…最高です!そしてとにかく無音が気持ちいい。テレビもつけず音楽もつけず、無音のなかで読書をする幸せ、たまりませんでした。

朝は、いつもどおり6時に目が覚めて、ぼーっとお風呂に入りながら、太陽が昇っていくのを見ました。目の前の海がキラキラしています。静かな朝…。「起きて!」「着替えて!」と騒々しい(私が)いつもの朝とは大違いです。

お風呂上がりには、テラスでコーヒーを飲みながら新聞を読みました。

そして、楽しみにしていた「クレイドスパ」。アメリカ西海岸の砂漠地帯で採掘した天然ミネラル100%クレイのスパトリートメントを受けました…。

海からの陽射しを感じながら150分のトリートメントを部屋のなかで受けました。

クレイドのクレイは、特に皮膚細胞にとって完璧なミネラルバランスでとっても肌が潤うだけでなく、肌の炎症をおさえる効果があるそうです。私はホルモンバランスの仕業なのか、胃腸のせいなのか、とても吹き出物ができやすいために、クレイがとても合うみたい!もうひとつ驚いたのはクレイはマイナスに帯電しているため、プラスに帯電した老廃物、重金属、雑菌、においを吸着して排出するデトックス効果が高いこと。

クレイ=冷たいというイメージがあったのですが、温められたクレイと遠赤外線の相乗効果で暖かいのも嬉しかったです。夢のような…いやあれは夢だったんじゃないかと思ってしまうくらい…至福の150分でした。

朝ご飯はフォアグラのソースの目玉焼き(背徳的な味…笑)に野菜たっぷりのスープ、自家製パンなど。たっぷりスパを楽しんだ後なので、朝ご飯もおいしく食べられました。

チェックアウトは12時。滞在時間は短かったけれど、やりたかったことは全部できたような気がします。

ちょっと家をあけるだけなのに、出発前に次女に泣かれてなぜこんなに罪悪感を感じるんだろうとか、家をあけるために、おかずをたくさん作り置きしなくちゃならない大変さとか、いろいろあるけれど、でもたまに「母を休む」のはいい!!!なぜなら、帰ってからとても家族に優しくなれるからです(笑)。母が機嫌がいいと、家族もハッピーです(たぶん)。

チェックアウトも海をのぞむ部屋でのんびりと。ずっとずっとここに座って海を眺めていられる自信ありました。が、帰宅じゃなくて帰社の途へ。


チェックアウト後にはパワースポットと言われる来宮神社で、いい気をたくさん頂き、熱海を後にしました。会社に戻ったのは15時。土日のどちらかを留守にするよりは、平日の一泊二日のほうが、家庭へのしわ寄せは少ないかしら…? たまには、母を休んでもいいですか、ね?
 

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海
住所:〒413-0033 静岡県熱海市熱海1993-237
Tel:0557-52-3301

 

文/川良 咲子